営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - miyamuraさんのエントリ

今日の「コウノトリ目撃網」から
 
15:03 河谷 新田小学校と巣塔との中間あたりの雪の積もったたんぼに二羽佇む。(宮さん)
15:28 J0013を出石町片間浄化センター南の田んぼで確認。(小谷さん)

20101231日明け方から降り始めた雪は夕方には市内で30cm以上の積雪を記録しました。

コウノトリたちのことが大変気になる状況ですが、とてもコウノトリの観察にでかけられるような気象条件ではなく、今日はコウノトリの目撃情報はありません。

こんな機会ですから、コウノトリ目撃情報のことを少し説明します。

コウノトリ目撃網は、コウノトリのことが気になり観察を続けていた市民が、情報交換の手段の一つとして始めた携帯電話を使ったメーリングリストです。

メンバーは、サラリーマン、主婦、アマチュアカメラマンなどです。みんなはコウノトリが本当に野生復帰を成し遂げてほしいと願う市民で、専門家の参加は残念ながらまだありません。

コウノトリの情報は、出勤途中、仕事の途中、また出かけたついで、コウノトリの写真撮影途中、目的意識的なコウノトリの観察途中などに発信されてきます。

そして、携帯電話のメーリングリストとパソコンメールで集まった情報は、整理されてホームページにアップされます。

ただの市民が野生復帰にどれだけの役割を果たすことが出来るのかは、まだよくわかりませんが、少なくとも市民がコウノトリのことに関心を持ち続けること(見守り続けること情報を発信続けること)は絶対に必要なことだと思います。そして、そこから私たち市民の役割が見えてくるはずです。

みなさんも是非コウノトリ目撃網に参加してください。特別な知識も技術も必要としていません。必要なのは、コウノトリとアオサギを見分けることの出来る観察力とコウノトリのことを愛する気持ちと少しの努力だけです。

今日の「コウノトリ目撃網」から
 
10:10 日撫豊岡トンネル上空を南から北方向へ一羽飛行(宮さん)
 
戸島湿地情報 森さん
14:40 淡水域南でJ0294採餌。
15:32 巣塔へ移動。
15:37 淡水域北に移動。
15:40 J0294巣塔へ移動。


Qちゃんを訪ね、28日に愛媛県西予市に行きました。26日は大雪警報が出るほどで、28日も南なりの南予地方では暴風警報が出ており、西予市も強風で荒れておりました。
Qちゃんはほ場整備でからからになった田んぼというより、単なる農場で、枯れた二番穂の中で強風に耐えておりました。

地元の人の案内であちこちを回った後、再び戻って来ると、最初いた水田の近くを流れる一級河川にたたずんでいました。かさ上げされた水田より2メートルほど低く、風をしのぐには良かったようです。



案内してくれた人によると、あんまり餌を取れておらず、昨年も飛来した際は餌を与えてしのいだそうです。細かい報告は後日。とりあえず、忘年会の誘いをすっぽかしてまで遠征した写真をご覧下さい。
(コウノトリ・フロンティア)

今日の「コウノトリ目撃網」から
 
10:54 下宮タンゴ鉄道線路沿いたんぼに一羽。採餌中(宮さん)
15:09 野上コウノトリ保護増殖センターを出た県道西たんぼで二羽採餌中(宮さん)
13:10 出石町伊豆橋手前の田んぼJ0014採餌(以下 太垣さん)
13:30 出石町袴狭の田んぼJ0363
14:10 河谷田んぼでペアなど3羽
14:30 コウノトリの郷公園コウノトリ文化館屋根4羽 
15:00 新た7羽増えて合計11となり上空舞っていたか姿みえず。
11はいました。J0296J0381J0399J0294J0021J0019J0012J0391.脚輪なしの8羽ですがあと3羽は確認出来ず。少なくなっている感じと一斉に飛び立つと散り散り出てしまい見当たらなくなりましたね。
 
戸島湿地情報 佐竹さん
08:15 ペアが淡水域で採餌行動。
08:30 1羽が下島たんぼに降りたが、08:40に湿地西田んぼに移動した。
08:51 2羽揃って淡水域南にいたが、私が車で近づいたので、ペアで南に飛び去った。