営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - satakeさんのエントリ

先日、タイからのお客さん(Teeさん)を市内案内しました。
例によって私のおはこの場所を回り、いつものように「ねっ、いいでしょ?」と自慢顔だったのでが、
2カ所では風景が変わってしまっており、ショックでした。
 
1カ所は、下鉢山地区の南を流れる穴見川両岸の河畔林がばっさり切られたこと。
治水に支障ありで、仕方ないのでしょうが…。
もう1カ所は、来日山山頂です。
北に少し行った所に展望台があり、
その周囲にはブナの大木や紅葉が見事なナナカマド群があったのですが、
そこもばっさり切られていました。
ここは電線の支障になったのでしょうが、伐採範囲をこんなにも広げなくても…と
思ったものでした。
 
そういえば、先日は京町の京極家庭園の借景の一部であったケヤキの大木が
数本無造作に切られているのに出くわし、これもとても悲しい思いにさせられました。
 
以前、テレビでの放映を思い出したことがあります。
フィンランドでは、建築材等のために木を伐採する際には、
数年前から「その木を切ること」を熟考した上で、
簡単な儀式を行って木の霊を中から出した後に伐採するとのことでした。
アニミズムとまではいかないのでしょうが、
現在のヨーロッパで、人々があたりまえの感覚として、
1本1本の木に精霊が宿っていると考えられていることに感動してしまいました。
(木だけでなく、クマを狩猟した後もクマの霊を天に帰したり、
果実を採集しても自然の恵みをしっかりと意識する様子もありました)

フィンランドの国民が日常生活を謙虚に過ごしていることは、
私たちも多いに学ぶ必要がありそうです。
少なくとも数十年以上の年数が経った木ならば、せめて少しは木のことを思う時間をとり、
いとも簡単に切ることは避けたいものです。
 
野上地区・金毘羅神社境内のコブシ(郷土記念物)は、
幹にしめ縄が飾られて大事に守られていました。
今後、年数が経つにつれて重厚感が増し、人々から畏敬の念で見られるのでしょう。 
 (写真は全て今年の4月10日撮影)

 
 
             
 
出石町長砂地区のコブシも地区の人々によって大切に守られています。
この木も、次の世代、その次の世代、その次の…と、
ずっと変わらず地区の真ん中で居続けてほしいと思います。
(もともとコブシは山裾に生えるもので、常に開発の危機にさらされる宿命をもっていました)  



(ちなみに、山の中腹に生えているのも通常コブシと呼ばれていますが、
タムシバという種です。下の写真は小坂地区)
 
 
 今、豊岡市では景観条例の策定に向けて検討中とか。
景観を構成している木たちの「いのち」も重要な要素になるような、
そんな条例を期待しています。



 
けたはずれの巨大地震と津波、
一瞬にしてなくなってしまったまちと被災者の方々の映像を前にして、
そして10日以上が経つのに一向に収束のめどが経たない原発事故の恐怖で平常心が保てず、
ブログを書く気力がなかなか湧いてきませんでした。
 
被災していない遠くにいる者が何を書いても自己嫌悪に陥りそうで、
テレビや新聞から様々な人の意見や説明を吸収しようとしても、
政府や責任者の批判・非難が出てくると苛立ってしまいます。
 
探していると、気持ちにストンと入ってくる文章がありました。
週刊ポスト4月1日号の内田樹・神戸女学院大教授の寄稿文です。
「安全なところにいるもの」の基本的なふるまいかたについて書かれています。
 
 氏によればこういう状況のときに、「否定的なことば」を発することは抑制すべきだ。
いまはオールジャパンで被災者の救援と、被災地の復興にあたるべきときであり、
他責的な言葉遣いで行政や当局者の責任を問い詰めたり、なじったりすることは控えるべきだ。

非常時では、平常時のルールとは変わっていい。
 臨機応変にルールの弾力的運用に配慮したい。

災害への取り組みは
「共同体の存続」という喫緊の要請に応えるものであり、
それゆえその手立ては専門的知見に基づいてこれを統御できる専門家に委託すべきだ。
いかなる「政治的正しさ」とも取引上の利得とも関わりを持つべきではない。

原子力のような、一歩誤ると共同体の存続にかかわるようなハイリスクのテクノロジーの管理運営は、
国威の発揚にも金儲けにも興味がなく、
国土と国民の安全だけを優先的に配慮する「かたくなな」専門家に委託すべきである。
 
私たちも、肝に銘じたい。


 
啓蟄の前の日、
3月5日に田結地区でアカガエルの産卵状況を調べました。
調査員は、田結地区の方4名、湿地ネット3名で、
目的はもちろん、一昨年、昨年に行なった放棄田湿地化の効果を見るためです。
 
今年の冬は厳しく雪も多かったので、
産卵は遅いのではないかと思っていましたが、
これは人間の思いで、生きものたちは変わりなく季節の変化に応じていました。

具体的には、2月末の暖かい日が続いたときに一気に産卵したようです。
 
まずは、谷の前部。




こんな感じで、湛水された至る所で卵が産まれています。


この卵塊を、こんな感じでひとつひとつ数えていくのです。


中にはこんなでっかい卵塊も。
区切りがないので、大きいのも1つとしてカウントしたので、写真の数は15個です。


イノシシが掘った穴にも産卵です。
ここでは、獣が踏み荒らした跡も適度な水の溜まり場所になっています。
ちなみに、横に写っている赤い小さな水草は、
これも蠢(うごめ)き出したオオアカウキクサ但馬型です。

 
昨年に「わくわく子供塾」の子どもたちが掘った池にも、きっちりと産卵していました。
掘ったかいがあってよかったね。
 
前部での数は2,540個。
昨年の同時期(2月27日)と比べると約半数です。

でも、カエルは急激な撹乱初年度に大繁殖させ、2年目からは落ち着いて
数も安定してくるそうです。
「数の変化は、大体こんなもんだよ」との声ありです。
 
谷の奥では、掘った池にはほとんど全てに産卵されていました。
みんな水流がないために安心して産んでいます。

産卵がなかったのは、鉄分が強い池、まだ雪で覆われた池でした。


 山裾の池では、今年もヒキガエルの卵塊がありました。
 
魅力的なので、手で感触を味わってみました。なかなかGoodです。
 
ついでに、アカガエルの卵塊もさわってみました。
1年ぶりの感触です。コラーゲンたっぷり。

 中には、もうオタマジャクシになって泳ぎ回っている者も。
日照の違いで、成長度合いがかなり異なります。
 
奥部でのアカガエル卵塊数は537個+α。
αは一部がオタマジャクシになり卵塊が壊れてカウント不能なものです。
ヒキガエル卵塊は3個でした。
 
乾燥化が進みやすい放棄田でも、
水を引き込み、流れに気をつけ、堰を作ったり池を掘って湛水すると、
各種のカエルが喜んでくれることが改めて確認できた1日でした。
 
アカガエルのオタマが成体になり、
今度はトノサマガエルやアマガエルが、その次はモリアオガエルが順番に湿地に繰り出し、
それをコウノトリがいただく。
 
田結の湿地帯は、これからもドラマが続きます。

 
近年にない大雪もおさまり、
2月19日の一斉調査でも大方の個体が確認されたので、
コウノトリたちはなんとか厳冬期を乗り切ったと安堵していました。
 
甘かった。
 
その5日後の24日に、J0408(♂)の死亡が確認されました。
まだ死因は特定されていないため、軽々には言えませんが、
体重が3.6kgしかなかったこと(通常、オスの体重は5kg前後)から見て、
餌はほとんど食べていなかったと思われます。
 
死亡現場は、「ハチゴロウの戸島湿地便り」の写真にあるように、
山とフェンスの狭隘な空間です。
狭いために大型の鳥は羽が広げられず、
脱出できなかったのではないかとの見方もありますが、
私が現場を見た限りでは、元気であれば出られただろうと思いました。
相当に衰弱していたのでしょう。
 
19日の一斉調査のとき、調査に参加された地元地区のTさんは、
「他の個体は自宅付近で確認しているが、408はこの数日間見たことがない。
18日に確認されているのは本当に408なのか?」と、とても心配されていました。
 
また、日ごろ熱心に観察されているOさんは、
「どうもかなりの個体が痩せているように見える」と述べられていました。
特に首が細いのだそうです。
 
この2人の発言から、次のことが言えそうです。
 
1つは、コウノトリ(野生動物)は、
衰弱すると、人間が見えるような明るい開けたところへは姿を出さなくなるのではないか。
発見されにくい所を死に場所にするのではないかということです。
 
2つ目は、コウノトリのような大型の鳥は、
徐々に衰弱していくのが分かるのではなく、外見で元気そうに見えても急に死亡する。
 
3つ目は、だから、人間が「見守る」だとか「衰弱していたら、すぐに救助する」などは、
本来的に不可能ではないか。
 
そして4つ目。給餌を受けていない多くの個体が痩せているとしたら、
その体自体が弱っているのではないか。
雪が消えて餌生物が見えてきたと言ってもまだわずかです。
本日(3日)はまた雪です。
衰弱しきった体はすぐには回復しないのではないか。
まだまだ予断は許されないでしょう。厳戒態勢はとけません。
 
で、一体、コウノトリは、厳冬期にどれだけの餌量を食べなければならないのか? 
つまり、コウノトリが命を健康に維持できる基礎代謝量はいくらなのかを知らないと、
観察していても餌不足なのか、衰弱しているのか判断困難です。
 
そこで、2月8日に、文書でコウノトリの郷公園に数値を提示してもらうべくお願いしました。
これが出ると、コウノトリの生息地づくりにとって、大きな判断材料となると期待しています。
豊岡盆地の環境収容力の算出にも武器になるでしょう。
 
でも当面は、やはり、冬の豊岡、特に豪雪地帯の北部では、給餌が必要だと思うのです。
 
その一方、
3月1日、岡山県でJ0006(♀)とJ0019(♂)が「ラブラブ関係だわよ」との連絡が入りました。
私たちが、「生息地の全国展開を図るには、いかにネットワークを構築すべきか」などと、
頭をかきむしっている間に、当のコウノトリたちはさっさと行動しています。
 
これまた、やっぱり野生動物はたくましい。


 
 見渡す限りの雪景色で、
人間の目には餌生物などどこにもいないように思われる昨今です。
こんな状態では、とても命を維持することすら困難のように思えるのですが、
だからこそ、コウノトリたちは必死に餌を探しています。

懸命な様子を、目撃情報に寄せられた写真から見てみましょう。
 
〈河川の魚は姿を見せません〉
水温が5?6℃以下になると、魚は深い所に潜んで動かずにいるようです。
渉禽類のコウノトリには捕獲が困難です。
 たとえば、出石川は浅くて広いのでコウノトリの採餌に都合がよく、
晩秋まではさかんに捕食していましたが、
冬期は深みがないので魚が暮らせず、コウノトリの姿はありません。
 
個体の中には、
それほど深くない小規模河川に入り、顔まで浸かって果敢にアタックする個体もいます。

 (お腹まで水に浸かって魚を探す)

そして、見事に大物を捕まえるものもいました。
こんなのは、非常にまれだと思いますが。

 
円山川では、
高水敷を切り下げて湿地状にされた所(特に堀川橋上流)に集まってくることがあります。
もちろん、目的は冬期は水位(潮位)が下がるので、
1日の内最も下がった時間帯に底生魚類等を捕食できるからだと思われます。
生物調査は未実施ですが、
餌生物はビリンゴ(ハゼの一種)だろうと言われています。
 
〈農業用水路が、重要な餌場です〉
コンクリート護岸であっても底が土ならば、いくらかは生きものがいるようです。
ただし、大雪になれば小規模水路は雪で覆われてしまうので、
水路幅の広い幹線水路が餌場の役を果たします。
水路の水深は浅いので魚にとっては良好な場所ではないでしょうが、
深い所がないのでやむを得ず止まっているのでしょう(?)。
コウノトリにとってはありがたい!
 
過日の調査では、タモロコが確認されています。

 (これ以上積もると、この水路には入れない)

 (幹線水路)
 
〈ハチゴロウの戸島湿地では〉
雪が消えてさえいれば、草が顔を出している所で小さなものを捕食していますが、
小さすぎてスコープや写真を拡大しても特定できません。

昨年の生物調査では、
サカマキガイ、シオカラトンボ(幼虫)、カダヤシ、ニッポンヨコエビ、ウシガエル(幼生)等が
確認されています。
でも、こんなのではお腹がいっぱいには・・・。
 
〈外来種が支えることも〉
外来生物、
とくにアメリカザリガニ、ウシガエル(成体、幼生)、カダヤシという外来生物が、
冬期の主要な餌生物の役目をしています。

数年前の福田地区ビオトープ田での調査でも、
 カダヤシ以外の両者が餌生物になっていました。
いわば、外来種が冬のコウノトリを支えているわけで、非常に複雑な思いです。
と同時に、彼らの繁殖力の強さに恐れを抱きます。


 (くちばしを差し込んで、ザリガニを探す)

 
(ウシガエルの成体をゲット)