営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - moriさんのエントリ

9月18日(火曜日)の午前
越前市王子保公民館で『コウノトリ市民科学』の勉強会を
開催させていただきました。

野鳥の会、地域の方、市役所の方も「僕たちが覚えて広げます」と
参加してくださいました。

観察のマナーや、公開情報についても貴重なご意見をいただき
参考にさせていただき、反映したいと考えています。



王子保公民館の皆様に、大変お世話になり
ありがとうございました。

王志保地区の人工巣塔では
今年の春、J0078♀とJ0098♂が営巣し産卵していましたが
カラスの大群に襲われ、カラスを追いかけている間に卵を取られてしまい
残念な結果となりました。
2羽の行方は分かりませんが、
稲刈りが終わる頃には戻って来てくれることを期待して
この地区で、勉強会をさせていただきました。



勉強会の前に、営巣した巣塔を古木さんご夫婦に案内していただき
2羽が巣作りに励んでいた様子などをお聞きしました。



巣塔の近くで畑仕事をされていた90歳の方からもお話をお聞きし
2羽が元気で戻って来てくれることをお祈りしました。

巣塔の下は、無農薬でお米作りをされています。



安全安心なお米作りが広がり
地域の方に見守られて、J0078とJ0098はこの地を選んだのだと思いました。

地域の皆さんに感謝し、2羽の無事を祈り
王子保地区をあとにしました。


 
9月17日(月曜日)福井県越前市で3羽のヒナが放鳥されました。
エコビレッジ交流センター近くの坂口地区の田んぼの畦から
大勢の方に見守られ、元気よく飛び立ちました。




越前市のご協力を得て
当会が事務局を務めている『日本コウノトリの会』主催の
『コウノトリ市民科学』の勉強会を開催させていただきました。



東京大学大学院、中央大学より3名の学生さんがお手伝いくださり
助けていただきました。

会場はエコビレッジ交流センターの図書館をお借りし
地域の方とも交流させていただきました。

その後、放鳥コウノトリが元気に過ごしているのか知りたくて
地元の方に先導していただき探しに行きました。



J0204♂のりゅうくんは坂口地区の清掃センターの煙突の上にいました。



その後、他の2羽を探しに行き
17時30分に「飛べたかな・・・」と再度確認に行くと
今度は内向きに方向を変えて、とまっていました。
ここで一夜を明かしたのでしょうか。



J0203♀のこころちゃんは、坂口地区の谷で確認できました。
案内してくださったご夫婦が見つけてくださり
静かな谷間に、「ここなら安心」と
J0205を探しに行きました。



J0205♀のひかりちゃんは、見つけることができませんでしたが
翌日には、元気でいると連絡をいただきました。

3羽には発信機が付けられ、福井県のホームページで発信され
市民科学にも、元気な姿が寄せられています。

福井県、、越前市、エコビレッジ交流センターの皆様には
大変お世話になりました。
ありがとうございました。


 
「コウノトリの飛来情報が簡単にわかるようにしてほしい」との
ご要望にお応えして
コウノトリ市民科学より抜粋した、安否情報をお知らせいたします。

『全国コウノトリ飛来情報』の欄をごらんください。
9月14日(金曜日)東邦大学大学院、アンガールズの皆さんと一緒に
田結湿地で作業をしました。



放棄田が背の高い草で荒れていた一角を刈り取り
水路に堰をして、水を引き込み湿地状態にしました。



通常は、アンガールズと当会の数名で作業をしていますが
今日は、若い学生さんが加わってくださいましたので作業が捗りました。

若者の力と、指導していただいた西廣先生の的確なアドバイスにより
いい状態が保てるようになりました。

皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。



 
9月7日(金曜日)嬉しいニュースが届きました。
韓国全羅南道咸平(ハムピョン)郡で、
礼山郡(韓国)より放鳥されたコウノトリと
J0136♂(養父市伊佐生まれ)が一緒にいるとの情報が届きました。



韓国のトヨン和尚さんからの情報を送っていただきました。
撮影は、キム・シンファン氏のご友人で
今回、貴重な写真を提供してくださいました。
皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。

コウノトリも人も、国や習慣は違っても
仲良くしていきたいですね。

伊佐小学校の皆さん、伊佐環境保全隊の皆さんも
J0136の元気な姿を見て、喜ばれることでしょう。

                         (文責 森)