営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - moriさんのエントリ

2月6日徳島県教育会館にて開催された
吉野川流域生態系ネットワーク 推進フォーラム
『コウノトリ・ツルが舞う吉野川流域のまちづくり』
(特定非営利活動法人徳島保全生態学研究所主催)に参加しました。



鹿児島県出水の渋谷市長・兵庫県豊岡の中貝市長が基調講演をされ
日本野鳥の会徳島県支部長の三宅さんが
徳島県へのツルとコウノトリの飛来状況などについて
現状報告をされました。

その後、鳴門・徳島・阿南市長
徳島県立農林水産総合技術支援センター所長の司馬織さんが
パネリストになり各市での取り組みなどを話されました。

徳島県全体で、コウノトリがあたたかく迎えれれていることが
行政のトップの方のお話から伺えました。



フォーラムのあと
鳴門市大麻町で営巣している
J0044とJ0480に会いに行ってきました。
電柱の巣にはいませんでしたが
1羽(J0044)が帰巣し
しばらくしてもう1羽(J0480)も帰巣しましました。
(夕刻、ねぐら入りは、戸島ペアと同じ時間の帰巣です)



巣の近くには看板が掲げられ
見守る方がおられ
丁寧に説明してくださいました。

この周辺に、コウノトリがいないときのためにと
写真がたくさん掲示されていました。

雨と強風の中、電柱の巣に2羽で寄り添う姿を観察して
複雑な思いを胸に、鳴門をあとにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日は雨もあがり
高松の友人と
「いい出会いがあるといいな」と願いながら
丸亀・三豊市のため池を訪ねました。

J0083には会えませんでしたが
三豊市では、見守り隊の隊長さんたちに出会えました。

皆さんに案内していただき
J0083が巣材を運んでいた電柱




餌場つくり



J0501が1か月滞在していたビオトープ



塒入りの鉄塔や、
矢野池で撮られた
2頭のイノシシと2羽のコウノトリが
仲良く?並んで映っているのには
ビックリしました。

三豊市の方とお話させていただき感じたことは
「この地域に飛んで来てくれたコウノトリは、僕らがが守らないかん」
コウノトリが、定着してほしいと願っておられます。

名残を惜しんで
再会を願い、帰路に向かいました。



 
2月26日(日曜日)下記のチラシのとおり
『コウノトリ全国一斉調査』を開催します。

ご家族、ご親戚、お知り合いの方にも呼び掛けていただき
まずは、コウノトリの安否確認をして
飛来先の方との情報交換により
人と人、市民同士が交流して
地域の環境を良くしていくことにつながればいいですね。

「コウノトリを見つけた!」その時は
お知らせください。

ひとつ、ひとつの情報が
コウノトリの足跡になり
人と人を近づけてくれます。

2月26日(日曜日)よろしくお願いいたします。




 

2月11日(土曜日)
島谷幸宏先生(九州大学大学院工学研究院教授)を招いて
『円山川を語る集い』が開催されます。

この会は今回で8回目となり、
総合地球環境学研究所の菊地直樹先生が主催されています。

九州大学大学院工学研究院教授の島谷幸宏先生を招いて、
地域で考える治水と自然再生について話し合います。
河川工学を専門とする島谷先生は、
「いい川」の形成に向けた多様な活動を展開されています。
島谷先生から、
治水と自然再生に関する視点と全国での経験をご講演していただき、
意見交換を進めたいと考えています。

忙しいこととは思いますが、
ぜひご参加していただきますよう、よろしくお願いいたします。


日時:2017211日(土)15:0017:00

場所:豊岡市民プラザ市民活動室A

テーマ:地域で考える治水と自然再生

話題提供者:島谷幸宏(九州大学大学院工学研究院教授)






 

1月30日に、京丹後市市場人工巣塔新巣台に
J0020♂が初めてとまってくれました。

12月18日に、皆様に支援をお願いしましたところ
1月31までに
1社 13名より 144,000円の寄付金をいただき
運送費として90,720円を支払いました。
残金は、次の用途が決まるまで保管しておきます。

あたたかいメッセージもいただき
支援していただいた皆様
見守っていただいた皆様
ありがとうございました。



現在、京都府北部には約10羽のコウノトリが確認されています。

まずは、京丹後市で1番の繁殖を願い
この巣塔を使ってくれる日を待ち望んでいます。


 
西宮にお住いの、写真家でコウノトリの写真集を出版されている
藤井克己さんが、下記のチラシのとおり
写真展を開催されます。

皆さんどうぞお出かけください。