営業日カレンダー
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - moriさんのエントリ

1月9日(日曜日)
朝から湿地の淡水域南側で採餌をしていた戸島ペアは
下島田んぼあたりへ移動し
お昼前から1時間ばかり仲良く巣塔にいました。
風の強い日でしたが、風上に向かい2羽で寄り添い立っています。 



14時30分に 淡水域南でJ0294J0391が採餌しているのを見つけ
コウノトリ郷公園の西公開ケージに行かないことを確認して
1450分、汽水域に作られた池にワカサギ1キロを入れました。
私がまだ仕切り堤防まで戻らないまでに、2羽で池へ行き食べ尽くしました。



食べたあとも2羽で仲良く仕切り堤防に上がり、しばらく佇んでいましたが
1630分に、 J0294は下島田んぼ方向へ飛んで行き
1715分には J0391も飛び去っていました。
強風であったため、巣塔でのねぐら入りはやめて
下島の田んぼへ行ってしまったのでしょうか?



ハチゴロウの戸島湿地では、25日?30日まで淡水域の工事をしました。
その際、強制排水をしたことにより
生きものが少なくなっているであろうことや、
鳥インフルエンザ予防のため、西公開ケージでの給餌がおこなわれないなどから
12月30日からコウノトリの様子を見ながら、給餌をはじめています。
1月8日はJ0391が食べ、9日、10日は2羽(J0294とJ0391)で食べました。

給餌については、いろいろな意見があり
餌がなくなるこの季節、そしてまた繁殖期に入るこの季節になると
給餌についての話し合いをします。
私はこの頃になると・・・いつも考え込んでしまいます。
心の中の『?』が治まらないのです。

そこで、この場をお借りして
私の『?』を整理してみます。

はじめは、「お腹がすいているのだろう・・・」「生きていてほしい」から
「繁殖してほしい」「ヒナを巣立たせてやりたい」
そして、「ここにいてほしい」という願いを胸に給餌をしていました。

次に、「自然環境が整っていないのだから、それを補うため」と
(コウノトリが近隣のヘビなどを食べ尽くさないためなどですが、科学的なデータはありません)
「繁殖期に限り、ヒナの分を」と足りない分を補うための給餌と、自分なりに納得していました。
(観察しているくらいで、データはないのですが・・・)
「将来は、体力をつけて、大陸へ渡らせてやりたい」とも思ったり。
(給餌に頼っている個体にできるの?)

『願い』は・・・つきません。

「願いを叶えるために給餌をするの?」
そのことが、コウノトリにとっていいことなのだろうか。

「自然界のリズムに合わせて、もっとゆっくりでもいいのでは?」
と、いうことは?
「コウノトリの今のお腹を満たすことも大切だけれど・・・
5年後、10年後のコウノトリのことを考えてみることも・・・」
それじゃぁ、どうするの?
「・・・ ・・・ ・・・」

今、
私は、指定管理者として
コウノトリ湿地ネットの会員として
この手で給餌をしています。

『?』 を抱えながらも
出来るだけいい常態の餌を、無駄にしないように与え
周りの環境に、迷惑をかけないように気を配ることも大切にしたいと思っています。

我が代表は
「給餌は是か非かの議論など、まさにコウノトリへの愛情からでているのです」と
『つぶやき』で、述べられていますが・・・

『愛』にも、いろいろありまして・・・・覚悟をきめて・・・

 すきなところへ飛んでいき
 すきなところで暮らしてほしい   

それが、豊岡なら・・・うれしいんだけど。

コウノトリに選ばれる努力をしないとね。


 

2008年5月から始まった田結地区放棄田での水辺づくりは、ささやかなものでした。
 最初に思いついたのは、「水を溜めよう」でした。
放棄田は、どこでも乾燥化し、草地になり、やがてブッシュ化して山林化してしまいます。
「コウノトリが舞い降り続けるには、餌となる水辺の生きものを増やさねば」との思いから、
荒れた個所の水漏れを防ぐために、数人で畦を補強し、簡単な池をつくってみました。


〈 さーて、どこから・・・〉


〈 まず、水漏れ・・・〉

〈 小さな池を・・・・〉
 
 この程度なら、奥地でもあるし、地区の人も一緒だし、
土地所有者の了解はいらないだろうと・・・。
けれどもやはり気になるので、以後は区長と事前に相談してから取り掛かるようにしました。
相談の都度、区長さんからは「大丈夫、問題なし。
土砂の流出を防ぐのだから」との回答です。
地元地区の理解があり、好意的なことが、
活動するにはとっても重要です。
「ありがたいな」と、このときはそれくらいの認識だったのです。
 
 湛水化して湿地再生する活動は、徐々に地区内に周知されることとなり、
役員(9人)さんたちもスコップや草刈機を持って一緒に作業されるようになりました。
 2009年からは、兵庫県や日本経団連自然保護基金から助成も受けたので、
大々的な作業となってきました。7月には住民総参加で行われたのです。
行なったのは、入り組んでいた元の棚田に板柵で直線の畦を設けて水を溜めるというものです。

 
〈板柵を設置して〉

〈土を盛ります〉

〈 畦と湿地が・・〉
 
 さすがにここまで来ると、
地権者の方たちは誰かが文句を言うだろう、との思いが頭をかすめます。
土地の境界線であった畦が崩れてなくなり分からなくなっているとはいえ、
自分の土地(元水田)に大勢の他人が入り、個人の境界を無視して湿地を造成するのですから。
私「ほんとに大丈夫?」役員「大丈夫!」
 私の中では、もう「ありがたい」を通り越して「なんだかすごいことになったな」と。
でも、こちらからはことさらにそのことを強調して発言することは控えていました。
よそ者が軽々に言うべきではないと思ったからです。
 
 2010年の作業は、外部からの応援者も参加して、
総勢70名という大がかりなものになってきました。
それに伴い、私も少しずつ、言葉に注意しながら、発言や文書で公言しだしました。
曰く、「コウノトリが舞い降り、新たな光を投げかけてくれたこの谷を、
地域の人々は個人個人の財産ではなく、
地域全体の共有財産(資源)として捉え直そうとされている」と。
 それって、かつての「入会(いりあい)」のようなものになるのでしょうか?
 
 以下は、続きで。

 
あけまして おめでとうございます。
 コウノトリ湿地ネットは、今年もコウノトリの生きざまにこだわりながら、
湿地づくりに邁進していきますので、よろしくお願いします。
 
 この「代表のつぶやき」を評して、
「つぶやきにしては文章が長い」とか「つぶやきのくせに回数が少なすぎる」
などの声を聞きますが、これはどうも、今年も改善はされそうにありません。
悪しからずご了承いただいて、お付き合いください。
 
 大晦日から元日にかけて、この豊岡も一気に大雪となりました。
積雪量で言えばかつてほどではありませんが、何せ雪の降り方が尋常ではありません。
近年は、
雨の降り方が局地的で、たまたま集中豪雨に見舞われた所が大災害を被るという格好で、
「観測史上初」との言葉がやたら多くなってきました。
今度は雪です。どうやら、ほんとに地球が壊れだしたのでしょう。
そんなときでも、政界では権力闘争やらで、どことくっつくかが連日の話題ですし、
テレビはバラエティ番組が主流です。
その間に領土問題が起こったり、核兵器はなくならないし・・・。
 
 私も軽薄人間ですが、
せめて「 コウノトリ」を考えるときにはどっしりとした展望を持ちたいと思うのです。
我がコウノトリ湿地ネットの森事務局長は、
「上を向いて鳥を見るのもいいが、下を向いて地面を見ることも大事」と言っています。
 それならば、ここで「土地」について考えてみよう、というわけで、
再度、田結地区の魅力について、私の思うことを述べてみたいと思います。
田結地区での取り組みの中で、そこに住む住民と土地との関係の変化の過程に、
将来展望への大きな鉱脈がありそうに思うからです。
 
 「耕作が放棄された土地(元水田)に水を溜めて湿地状にし、
水辺の生きものを復活させてコウノトリの餌場にする」というのが、
田結地区での自然再生の基本取り組みです。
 
 山に挟まれた谷は、当たり前ですが奥に行くほど地盤が高い傾斜地です。
そこを田んぼに造成したのですから、
完成した形状は、これも当たり前で棚田状になっています。
畦を設け、水漏れを防ぐために畦塗りをして管理されてきました。
それが、40年ほど前の第一次減反政策の頃から徐々に耕作放棄田が広がり、
ついに5年前を最後に全ての水田が耕作されなくなってしまいました。
年月が経つうちに畦は崩れ、やがて元の緩やかな傾斜地に戻っていきます。
畦は地番境界でもあったので、
畦がなくなることは個人所有地の境界線が分からなくなることでもありました。
下の写真は、2008年5月の状況です。

 
 この年の4月に、
ハチゴロウの戸島湿地で営巣していたコウノトリのペアが突如舞い降りました。
それからは頻繁に飛来しては餌を探し、食するようになったものですから、
村はにわかに活気づいてきました。
コウノトリ湿地ネットは、いち早く駆け付け、水辺を良くしようとの作業を開始しました。
 
以下は、続きで。


 
2011年1月1日(土曜日)
豊岡市は積雪39センチとのこと。
コウノトリたちはどうしているのでしょう?
ハチゴロウの戸島湿地へ来てみると、一面の銀世界。



コウノトリの姿はなく
巣塔にも雪が積もっています。
巣塔の雪を手で払い落としたいような・・・



水面は薄氷が張り・・・
起伏ゲートまでの道は、私の膝上までありました。
足跡をつけるのは、もったいないような・・・



雪は静かに積もります。

真っ白な景色を眺め
凛とした空気のなかで深呼吸して・・・湿地に一礼。

「あけましておめでとう」

みなさま、今年もどうぞよろしくお願い致します。

12月25日?30日の午前中まで
川嶋建設(株)さんに淡水域を重機により、畦を造り区画を造っていただきました。

27日(月曜日)朝から雪が、ちらちら・・・
雪景色のなか、作業は進んでいきます。



畦がどんどん出来ていきます。



あら、まぁ・・・
重機の側に、戸島ペアがいます。
出来上がった畦の側で、何やら小さいものを食べています。
ドバイバーの方を見ているの?
コウノトリは好奇心が旺盛だということを聞いたことがあるような・・・
夕方まで、餌をさがしていたようでした。
そして、2羽で仲良く巣塔でのねぐら入りを確認しました。



28日(火曜日)
朝から雨がしとしと。
水位調整ゲートを開けたり、閉めたりしましたが、
汽水域の水位が高く、これ以上淡水域の水位が下げられず・・・
作業がし難いことでしょう
ドライバーさん、ごめんなさいね。



夕方には、観察棟の側まで出来上がっていました。
管理棟の大掃除をしながら
コウノトリの様子もうかがっていましたが・・・?・?・?
畦の側や、水路際で一生懸命餌を探していたような・・・
17時30分になっても、巣塔にあがりません。
戸締りを終えて
17時35分、今日も2羽で仲良くねぐら入りを確認しました。



30日(木曜日)の午後、久しぶりにいいお天気になりました。
汽水域では、カモたちが泳いでいます。
脅かさないように、そ?っと、そ?っと



淡水域の区画が出来上がっていました。



お母さん(J0294)が、淡水域の南で餌を探しています。
時々小さいものを飲み込んでいます。



写真を撮りたいんだけどな・・・
私は、覚えていてくれている?
お母さん(J0294)が、動かないことをいいことに近づいて見ると
低空飛行で、巣塔へ。
「あ?、よかった」



「ありがとうね、写真を撮らせてね」  
     
                                           「はーぃ」 


畦からキシュウスズメノヒエがもう伸びかけています。
ものすごい生命力です。



区画と区画の間は、水が流れ
生きものも行き来できるようにしてあります。



畦をつくり、植生管理もし易いようにと工夫されています。
コウノトリのお母さんの目にはどう映っているのでしょうか?



クリスマスから6日間、湿地の中で作業をしていただきました。
どうか、明日からゆっくりお休みくださいね。  感謝。

私の仕事収めは、高原性鳥インフルエンザ予防の消毒液を撒きに来て・・・
この作業は、心が痛みます。
予防は大切なのだけれど・・・
消毒液は、他の生きものに影響はないのでしょうか?
養鶏業の方のお気持ちを考えると・・・
また、また、心が・・・
・・・ ・・・ ・・・
巣塔のお母さん(J0294)を見ていると
「お互い、がんばろうや」とつぶやいて
一年間の出来事を想い出しながら、帰宅しました。

このブログの書き込みをしていたら、大晦日になってしまいました。
みなさん、よいお年をお迎えくださいね。