営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - moriさんのエントリ

1月30日に、京丹後市市場人工巣塔新巣台に
J0020♂が初めてとまってくれました。

12月18日に、皆様に支援をお願いしましたところ
1月31までに
1社 13名より 144,000円の寄付金をいただき
運送費として90,720円を支払いました。
残金は、次の用途が決まるまで保管しておきます。

あたたかいメッセージもいただき
支援していただいた皆様
見守っていただいた皆様
ありがとうございました。



現在、京都府北部には約10羽のコウノトリが確認されています。

まずは、京丹後市で1番の繁殖を願い
この巣塔を使ってくれる日を待ち望んでいます。


 
西宮にお住いの、写真家でコウノトリの写真集を出版されている
藤井克己さんが、下記のチラシのとおり
写真展を開催されます。

皆さんどうぞお出かけください。

2月8日(水曜日)に、下記のチラシのとおり
ひょうご環境担い手サミットでポスターセッションに
参加させていただきます。

皆さん、ぜひ参加してください。






 
1月6日(金曜日)の午前
京丹後市久美浜町市場人工巣塔の巣台を架け替えました。
(この事業は、当会も連なる『日本コウノトリの会』の初めての活動です)



巣台の周りには
20年くらいは枯れないと言われている椿の木で囲われています。

昨年末より、知恵を出し合い巣台の中を検討してきましたが
野村会員が日ごろの観察の中から
コウノトリが好んでくれそうな巣台をつくられました。




みんなで運び、業者の方に巣台を架け替えてもらいます。




レッカー車も使い、巣台を止めていきました。



横にある木柱の巣は、撤去する予定でしたが
12月30日より木柱の巣で
福田ペアが塒入りをしているため
様子を見ることにしています。



色が少し気になっていましたが
こうして大空に立向かって立つと
爽やかで、いい感じに見えます。

風もなく、穏やかな寒さの中で
無事に作業が終わりました。

寄付金をいただいた
あおいほけん(甲南アソシエイツ株式会社)
運送費を募金してくださった皆様
ありがとうございました。



 
1月5日(木曜日)昨年末に完成した
京丹後市久美浜町市場人工巣塔の巣台ができ
いよいよ明日交換します。



今まで電柱を好んで巣をかけたペアが多く
電柱をまねて巣台がかけられていました。



コウノトリに選んでもらいたいと
安定した巣台をつくりましたが
少し色が・・・
など、意見交換をしながら
今までの観察の経験をもとに巣材を置いていきました。



巣の下は冬季湛水されていて
コウノトリが塒入りしています。



水路ではJ0010とJ0020のペアが
餌を探していました。



明日の朝9時から業者の方にお願いして
巣台架け替え作業をします。

寄付金をいただきた
神戸市のあおいほけんさんに感謝し
みんなで見守り、営巣を願いたいです。