営業日カレンダー
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 最新エントリー

   2月8日(火曜日)の午後
   佐竹代表と宮村さち子パタパタ編集長と事務局の森、3名で
   コウノトリ郷公園の江崎研究部長に下記のとおり文書で
   コウノトリの餌量についてのお尋ねを依頼し、
   野生復帰についての意見交換をしました。

2011.2.8
 兵庫県立コウノトリの郷公園
 園 長 山岸 哲  様
コウノトリ湿地ネット
代 表 佐竹 節夫
 
コウノトリが健康に暮らすために必要とする餌量について(おたずね)
 
 時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、豊岡市内には、現在、飼育下から放鳥されたもの、野外繁殖したもの、さらに大陸から飛来したもの、合わせて40羽以上のコウノトリが暮らしていますが、その相当数は給餌に頼っているのが実情です。そのため、コウノトリが自立して生活できるよう、地元に住む私たちも自然再生に取り組んでいるところです。
しかしながら、現時点の自然再生の進展下では、豊岡の自然環境はまだまだ回復していないと考えており、果たしてこのような多数の個体が健康に生息できるのか確信が持てないのです。とりわけ、水田や水路が雪で覆い尽くされる冬期については、数少ない餌生物を捕獲することも困難と思われ、命を維持することも危ぶまれると心配しています。
そこで、私たちは、そもそもコウノトリが生きていく上に必要な餌量とは、一体どのくらいなのかを知る必要があると考えました。しかし、私たちにはそれを算出する術も知識も持ち合わせておりません。
つきましては、ご多忙のところ恐縮ですが、ぜひ下記事項についてご教示賜りたく、お願い申しあげます。
 
                                                        記
 
1.お尋ね事項
(1)コウノトリの通常の基礎代謝に必要なエネルギー量と餌生物量
     (2)厳冬期におけるコウノトリの基礎代謝に必要なエネルギー量と餌生物量
 
 ※もし、可能でしたら、繁殖、渡りに要するエネルギー量は通常と異なるか否か、基礎代謝量の蓄積は可能か(どのくらいの期間、食べなくてもいいのか)についても、併せてお答えいただければ幸いです。
 
    江崎部長からは、コウノトリ野生復帰にかかる研究への力強さを感じました。
私たちが、日ごろから悩んでいたことや、心配していたことが
ひとつづつ解明されていくことを期待しています。


 
今日の「コウノトリ目撃網」から
 
戸島湿地情報 森さん
08:15 淡水域にJ0391。
08:20 J0391巣塔に移動。淡水域の水位、43cm。汽水域の水位、16cm。
09:30 巣塔に戸島ペア。
09:52 交尾確認。
10:30 巣塔に戸島ペア。ワカサギ1キロ給餌。2羽で食べる。
10:35 J0391帰巣。J0294は、淡水域で採餌。
11:30 J0391巣塔に伏せる。J0294はいない。
12:30 巣塔に戸島ペア。
14:20 J0391北方へ。J0294巣塔にいる。
15:00 巣塔に戸島ペア。
15:45 J0294淡水域南で採餌。
17:20 現在まで同じ。
17:24 巣塔にJ0294がいる。
 
昨年の目撃情報を整理していると2010年2月10日森津でJ0016が確認されていました。
2011年2月5・8日と福田・森津でJ0016が確認されていますが、これは単なる偶然?
記録を整理していくと時々面白いことに出会います。
結論、コウノトリのモニターは絶対必要。そして記録し公開することが大切。

市内2か所で給餌を始めました

1月27日に鳥インフルエンザ対策で、コウノトリ郷公園西公開の給餌が中止になりました。
雪は1ケ月余り、降り続いています。一面の雪が消えるときがありません。

これまで、西公開の給餌に集まっていた野外のコウノトリたち、そして
給餌に頼ることなく、頑張っているコウノトリたち、共に、このままでは
飢え死にしてしまうのではないだろうか。


(2月2日、東浦ビオトープで採餌する381と足輪なしの2羽)


(2月2日 野上センター前のハス田 このわずかな水場で採餌していた)

そこで湿地ネットとして給餌を始めることにしました。
まず、これまで郷公園で食べていたコウノトリたちへの給餌。ここには
昨年生まれで、野外での採餌に慣れていないと思われる幼鳥たちも含まれます。

それから、郷公園へ帰ることなく野外で頑張ってきたコウノトリたちへの給餌。
野外で給餌に頼っていない個体がいるグループは二つ。出石町と福田です。
出石町に関しては、ずっと観察をしている方からの、「どうにか、川などを
利用して採餌しており、飢え死にまではしないで済みそうだ」とのことから
福田の野外個体に給餌をすることにしました。給餌は地元の方たちの協力を得て
やってもらうことになりました。

郷公園の地元祥雲寺でも、地元の方から、心配で給餌したい、との話がありすすめて
いましたが、鳥インフルエンザで隔離したコウノトリに近いということで
祥雲寺での給餌はできなくなりました。
そこで、祥雲寺から2kmほど離れた、くくい湿地での給餌を始めることにしました。
ククイ湿地は湿地ネットが管理し、年間コウノトリたちが採餌に訪れる場所です。



(雪に覆われたくくい湿地)

どちらも辺りは雪だらけ。まずは除雪から始めなければなりません。
くくい湿地は湿地に至る道は、深?い雪におおわれています。2月初めで
80センチはありました。
2月4日は朝から除雪。とりあえず、給餌できる場所を確保するために、せっせと
雪かきです。湿地に行くのも、川を越えて、(橋がないので、川に降り、またよじ登ります)
一仕事。やっと辿り着いたのは、川の水が引き込まれて流れ込むため、雪がわずかに融けている
場所。お、コウノトリの足跡があるではないか?もしかしてサギかも・・・。



(足跡がありました)

辺りの雪を踏んで、場所を確保し、餌のワカサギを桶に入れてきました。
2時間ほど、待っていましたが、コウノトリはやってこず。そんなに簡単には
やってこない。
翌日会員がせっせと道路を除雪し、道はどうにか確保できました。



(7?80メートルありました。まるまる、半日かかったそうです)

次の日から、朝様子を見に行き、無くなっていれば補充するようにしています。
まだ、コウノトリが食べるところは確認できていません。
アオサギが食べているところは確認しましたが。


(雪を踏んで、水面を増やし、コウノトリが見つけやすくしたのですが・・・)


(深い桶にして、コウノトリ以外の鳥たちが食べにくくしています。でも必死なサギは食べています)



(餌はワカサギをやっています。市場から仕入れて)

早くここに餌があることを知ってほしい。
コウノトリたちの飛行コースにもなっているところです。ここは、頑張って
続けることが重要だと思っています。
 

「コウノトリ・フロンティア」観察日記
 
追跡個体J0389・J0384・J0020
 
雪は少しづつ融けています。でも一日市の田圃はまだ一面真っ白です。やっと森津の水路が見えてきました。
今日は、福田ビオトープへ入る道が除雪されていてとても観察しやすくなっていました。感謝します。
観察場所が確保されたのでビオトープの東端の水路に入っているJ0016が確認できました。
しばらく観察しているとJ0403も飛来しました。
いつもの場所にいてくれるとほっとします。
餌をたべているようでなくてもなぜか水路や水溜りで採餌行動をしてくれているとまたほっとします。
追跡個体の3羽はJ0384を確認しただけでJ0389,J0020は見られませんでした。どこにいるのやら・・・
 
7:47 (観察開始)一日市の田圃にコウノトリはいない。
     森津、滝の田圃にもいないようである。
8:03 福田ビオトープをコンビニの駐車場からさがすが確認できない。
8:09 栃江の田圃にもコウノトリはいない。
8:19 福田ビオトープに入る道が除雪されていたので近くに降りてみる。
     東側の端に1羽の個体を確認する。水路に入っているようで頭部が動くのがわかる。
     しばらくすると水路から出て雪の上を歩く。足環確認してJ0016である。
     J0016は再び前とは違う水路に入る。背中が見える。
  (写真?福田 ビオトープの水路で採餌行動をするJ0016。見えているのは背中だけ)
8:32 J0403がどこからか飛来して雪の上に降りる。
     歩いて雪の融けた場所で採餌行動をする。観察中には餌は食べていない。
  (写真?福田 採餌行動をするJ0403)
8:55 森津バス停付近にはコウノトリはいない。
9:06 わんどBにもいない。
9:12 堀川橋付近にもいない。
9:17 野上の堤防沿いの道路横の広い水路で採餌行動をしているJ0001とJ0362を確認する。
  (写真?野上 水路で採餌行動をするJ0001とJ0362)
9:32 赤石田圃一帯をさがすがコウノトリはいない。
9:48 森津橋の北側の線路沿い電柱にJ0384を確認する。休息、羽繕いをする。
     近くに他のコウノトリはいない。
     森津、滝をさがすがいない。
     加陽の東浦ビオトープにコウノトリは確認できない。
10:25 出石の宮内の農道沿い電柱で休息している1羽を確認する。右足で立っている(青、黒、黒)
      個体識別できない。
10:33 袴狭の水路沿いの畦で休息しているJ0024を確認する。J0024は畦をどんどん北向きに歩いていく。
   (写真?袴狭 どんどん離れて小さくなっていくJ0024)
      片間の田圃を捜すがコウノトリは確認できない。
      (観察終了)
今日の「コウノトリ目撃網」から
 
08:35 梶原・立野大橋降りた喫茶店たもとの電柱にJ0275止まってキョロキヨロしている。(太垣さん)
08:19 福田ビオトープ水路で採餌行動しているJ0016を確認(コウノトリ・フロンティア)
08:32 福田J0403が飛来して雪の溶けたところで採餌行動をする。ビオトープに入る道が除雪されていて観察しやすくなる。(コウノトリ・フロンティア)
09:17 野上堤防沿い道路の横の広い水路でJ0001 J0362が採餌行動をしている。(コウノトリ・フロンティア)
09:48 森津森津橋北側、線路沿い電柱で休息しているJ0384を確認する。(コウノトリ・フロンティア)
10:25 出石町宮内農道沿い電柱に1羽確認。片足で識別できない。(コウノトリ・フロンティア)
10:33 出石町袴狭の水路のあぜで休息しているJ0024を確認。(コウノトリ・フロンティア)
11:35 出石町伊豆巣塔東の水路近くでJ0011・J0382・J0381・J0296が休憩中。(Hさん) 
11:41 J0011・J0296は飛んで香住方面へ。(Hさん) 
11:43 J0381・J0382は伊豆の水路で採餌開始。(Hさん 20110208 11:43 伊豆の水路で  20110208 11:58 伊豆の水田で)


     12:05 2羽とも飛んで北方面へ。(Hさん)
14:27 城崎の水門から、駅方向に1羽飛んでいました。かなり低空なのと、城崎町内で初めて見たのでびっくりです(船野さん)
17:33 円山川、堀川橋、上流側の左岸浅瀬に1羽。(仲路さん)
 
戸島湿地情報
14:40 4羽来ていた。個体は特定できず。巣塔に1羽、淡水域に3羽。(坂本さん)