営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 最新エントリー

2月24日(木曜日)午後
対馬市より行政・農家・養鶏業の方たち7名の皆さまがお越しくださいました。

対馬市は、ツシマヤマネコの保護活動に取り組んでおられます。

ツシマヤマネコは対馬にのみ生息する野生のネコ科哺乳類で、
生息環境の悪化や、交通事故などで生息数が減少し、
現在の生息数は 80?110頭と推定され
1971年には国の天然記念物に、
1994年には国内希少野生動植物種に指定されています。



ちょうど居られた地域の方とご一緒に歓談され
地域の方から
「コウノトリが農業に被害を与えることはほとんどないが、シカやイノシシの被害に困っている。
ツシマヤマネコを守ることで、被害はありますか?」と質問されました。
対馬市の方は、
「ツシマヤマネコの保護は、山を守ることでシカやイモシシに与える影響が大きく、
対策に困っている」
「農業には害はないと思うが、養鶏業には被害がある。
それでも、守りたいと思うのは、
対馬にしかいない生きものだから」

コウノトリは、大空を飛び
ツシマヤマネコは、山の中でしかも夜に見られるため・・・
環境を守るシンボルにはなりにくいが
対馬といえば・・・『ツシマヤマネコ』と言われるように
守っていきたいとおっしゃっていました。

地域にひとつ・・・守りたい生きものがある。
このことは、幸せなことなのだと思います。
その生きものが、私達人間の暮らしぶりを問いかけ
どんな地域社会を創るのかの、道しるべとなってくれるから・・・

対馬の皆さんとお話させていただきあらためてそう思いました。


2月23日(水曜日)の午後
JICA草の根支援事業
 『庵東鎮における環境教育・環境創造型農業普及事業:コウノトリが結ぶ環境協力』訪日研修で
中国寧波市より7名の方がお越しくださいました。

兵庫県と豊岡市では、JICAの支援により
NPO法人食と農の研究所を事業実施機関として
コウノトリをシンボルとする環境教育とコウノトリ育む農法を介して
急激に悪化する中国上海周辺の農村環境の改善に向けた国際貢献事業を実施しています。

この事業の予定地長江中下流域は、
20世紀半ばまで多くのコウノトリが越冬地としていたそうですが
現在では、開発などにより餌場がなくなり渡りが途絶えています。
この事業が実施されることにより、コウノトリの越冬地として再生されることが期待されています。



当会の佐竹代表は、
「農薬使用の抑制など、東アジア全体での取り組みが必要」と説明しました。



中国寧波市から来られた皆様は、
「コウノトリ野生復帰に取り組む豊岡市に見習いたい」と話され
庵東鎮では、水をきれいにする活動に取り組んでおられるそうです。

どうか、この研修の成果が中国で活かされますように。


 

今日の「コウノトリ目撃網」から
 
07:40 東浦ビオトープで2羽採餌行動(中村さん)
08:40 下鉢山の水田でJ0023が採餌中。(Hさん20110223 08:48 下鉢山水田で)
      08:53 飛んで長谷方面へ。代わりに1羽が下鉢山水田に舞い降りる。(Hさん) 
09:01 下鉢山の水田でJ0011が休憩中。その後も雪解けの水田で採餌。(Hさん 20110223 09:09 羽繕い)
       10:11 飛んで東浦方面へ。(Hさん 20110223 10:11 山際を飛ぶ) 
10:25 長谷・広域農道沿いの電柱にJ0021がとまっている。(Hさん)
      10:29 飛んで長谷の水田に降りて、水田や水路で採餌。(Hさん 20110223 10:36 長谷水路で)

11:10 小坂橋西の水路でJ0014が休憩中。(Hさん)
 
11:12 下鉢山の水田にJ0023が飛来し、採餌開始。(Hさん 20110223 11:12 小坂水田で  20110223 11:39 下鉢山水田を飛ぶ) 


11:49 下鉢山の水田でコハクチョウ22羽が採餌中。(Hさん 20110223 11:59 来日山とコハクチョウ)
10:05 下宮くくい湿地に給餌。J0002が待っている。(宮さん)
15:13 福田たんぼで2羽採餌行動(中村さん)
15:30 城崎警察前の円山川左岸よりに一羽のコウノトリ(宮さん)

 
戸島湿地情報
07:46 戸島巣塔に1羽確認。(松井さん)
08:30 巣塔にJ0391。淡水域の水位、36cm。汽水域の水位、0cm。(以下 森さん)
09:00 J0391巣材運ぶ。
09:08 交尾確認。
09:21 J0294帰巣。
09:31 交尾確認。
09:49 J0391巣材運ぶ。
09:51 交尾確認。
09:54 巣材運ぶ。
09:58 J0294下島方向へ飛び去る。J0391見失う。
10:30 J0391巣材運ぶ。
12:43 北方より2羽で帰巣。
12:48 交尾確認。
13:15 J0294伏せる。J0391は側で立っている。
13:30 J0294は伏せたまま。J0391見失う。
13:58 J0294立ち上がる。
14:08 J0294伏せたり中腰?になる。
14:25 J0294見失う。
15:50 J0391巣塔に。
16:38 J0391伏せる。
17:00 J0391淡水域南に立っている。
18:00 J0391帰巣。
18:02 J0294帰巣。
18:05 ワカサギ1キロ給餌。J0391がほとんど食べJ0294は少し食べただけで仕切り堤防に上がる。
18:15 J0294帰巣。
18:20 J0391帰巣。
18:28 ねぐら入り。
 
Hさんの写真を見ていると春がそこまで来ている感じです。がんばれコウノトリ!
2月23日(水曜日)の午後
大阪のジャズ界期待のピアニスト、水本舞さんと
(社)西宮市シルバー人材センター写真同好会の
エビスフォトサークル(EPC)会々長の藤井克己さんがお越しくださいました。
素敵な写真集を頂きました。
管理棟に置いて来館者の皆さまに観て頂きますね。



水本さんは、コウノトリをイメージした曲を作りたいと
豊岡市を訪ねて来られ
繁殖の様子のビデオを見ていただきました。

頂いた名刺には、コスモスが描かれ
水本さんのやさしい雰囲気と相まっています。

どんな曲が出来上がるのでしょうか?
楽しみですね。

♪ 戸島営農組合 嫁恋し米の歌 ♪ にも,
曲をつけてくださらないかしら・・・ナンテ
                                                                    

14:41 J0006 倉敷市、ビオトープに帰ってきたそうです。林さんが確認中。(森さん)
16:08 J0019 岡山県にて、林さんが確認されました。(森さん)
16:10 J0006 倉敷市、ビオトープにて林さんが確認されました。(森さん)
18:38 市役所宮垣君から連絡あり。J0022は鹿児島県出水市のクレインパークにいるそうです。(佐竹さん)