営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 最新エントリー

6月12日(日曜日)午後
越前市より 『水辺と生き物を守る農家と市民の会」58名の皆さまがお越しくださいました。



『水辺と生き物を守る農家と市民の会』は、
越前市西部の白山・坂口地区の方たちが
人も生き物も元気な里地里山づくりを目的として2006年にスタートされました。
この地区には、絶滅危惧種であるアベサンショウウオをはじめ、
メダカやゲンゴロウ、ハッチョウトンボなどの多くの希少な野生生物が生息しています。
これらの希少種を保全し、人との共生を図り、
自然・農業・文化の相互作用によって、
里地里山の活性化を図るために活動されています。



観察等までの道をご一緒に歩いた農家の方が
「農業をしながら、生きものを増やしていきたい」とおっしゃり
豊岡でも、同じことを言われていた方のお話をさせていただきました。

事務局の笠原さんから下記のとおり、お礼のメールが届きました。

移動中の白山のバスの上空を、
おなかが見えるくらいすぐ上をコウノトリが飛んでいってくれ
とても感動的でした!
 
帰りのバスでは、皆さんに今回の研修の感想をお聞きしました。
生き物や、環境を守っていかなくてはいけない、と改めて思ったという方もいらっしゃいました。
無農薬にまではしなくても、例えば除草剤を2回使うところを一回に減らすとか、
自分に出来るところから取り組んでいきたいという、前向きなご意見もいただきました。
 
コウノトリは本当に不思議な鳥ですね。
コウノトリのことを話される時は、どの方も、
とても嬉しそうに目を輝かせておられて、こちらまで嬉しくなります。
 
白山坂口の方にとって、“コウノトリの聖地”である豊岡市への研修は、
とても意義のあるものになったと思います。
 
いつ訪れてもコウノトリが“確かにそこにいる”ということが、
どれだけすごいことで、貴重なことか、そのありがたさをひしひしと感じています。
今まで努力してこられた豊岡市の皆さまに感謝と尊敬の気持ちで一杯です。
  
「コウノトリに会いに越前市にも来てね。」といえる日が来ますように・・・

越前で、再会できますように。


今日の「コウノトリ目撃網」から

 

0756 城崎町二見ワンドB1羽休息。脚元はヒタヒタの水の中。(松井さん)

0805 伊豆巣塔に1羽伏せ1羽立っている(中村さん)

0924 百合地巣塔に1羽伏せいる(中村さん)

1040 野上巣塔にJ0001とヒナ1羽。(森さん)

1045 J0001野上巣塔下の田んぼで採餌。(森さん)

1055 J0362西方よりセンター電柱にとまる。(森さん)

1110 J0362田んぼに降りる。(森さん)

11:42 出石町嶋から田多地方面へ1(J0014)が飛んで来て、上空を旋回して鳥居方面へ。(Hさん 20110614 1144 田多地上空で)

1415 京丹後市久美浜町出角山沿いの電柱にJ0010 休息中(宮さん)

1520 福田auアンテナにJ0403 J0004確認。(コウノトリ・フロンティア)

1610 一日市 森津側、山陰本線近くの田んぼに1羽立っている。(森さん)

1615 立石集落入口の田んぼで2羽盛んに採餌行動。(松井さん)

1645 J0024が、かすみが丘ですぐ目の前を飛び、住宅街の電柱に留まる。妊婦のいる家の近く。10分ほどで近くの果樹園の草むらへ飛ぶ。しばらく草むらにいて飛び立つ(Mさん)

1702 日撫タンゴ鉄道線路北のたんぼに一羽のコウノトリ、採餌中(宮さん)

1717 下鉢山田んぼ1羽採餌(コウノトリ・フロンティア)

1740 野上・コウノトリ保護増殖センター前巣塔にJ0362と雛一羽。巣塔下でJ0001採餌中。(仲路さん)

1745 J0001野上巣塔より北側の谷間に移動、盛んに何かを食べている。暫らくして巣に戻りJ0362西の方へ飛び立つ、J0001雛に吐き出し。(仲路さん)

1834 森尾J0296と脚輪無しが出土文化財管理センター下の田んぼで採餌行動(Mさん)

 

戸島湿地情報 森さん

1030 淡水域にヒナ2羽。

 

1430 出雲市上島町田んぼでJ0006,J0009休息中(観察時、あまり採餌はしていなかったとのこと)、トキ分散飼育センターの方が確認20分程度観察したそうです。(伊崎さん)

今日の「コウノトリ目撃網」から

1117  野上巣塔にはJ0362と雛、J0362はしきりと羽繕い。雛は巣の中をつついたりしている。(宮さん)
1554 伊豆人工巣塔に雛と1羽がいる。
   倉見の水田の畦にJ0296が、200メートル程東の水田で2羽が採餌中。(西村さん)
1705 伊豆巣塔に1羽。雛はしゃがんで頭だけ見える。(西村さん)
18
00 百合地田んぼJ0228採餌巣塔1羽伏せる(コウノトリ・フロンティア)
18
10 日撫タンゴ鉄道北田んぼJ0002採餌(コウノトリ・フロンティア)
1427 J0382、足輪なし個体(J0011)、倉見の水田で採食中(以下 コウノトリ・フロンティア)
14
48 J0381、田多地(田多地集落側)の水田(田面)で採食中
15
27 J0363、パナソニック工場南の田多地の農道沿いの電柱上。J0013、幹線道路から東に3枚目の田多地の水田・中畔でたたずむ
15
41 J0428J03631本北の電柱上に降りていた
16
25 J0024、袴狭西の水田(田面)で採食中
16
47 袴狭巣塔、コウノトリいない
17
25 袴狭巣塔、コウノトリいない
18
21 袴狭西の水田にJ0363J0428J00243
18
42 J0363、飛んで東の田に降りた
18
59 J0428、飛んでパナソニック工場東・駐車場東端の電柱上に降りた(19:36も同電柱上)
19
42 袴狭巣塔、1羽伏せている

戸島湿地情報 森さん0815 巣塔にヒナ2羽。淡水域にJ0391
08
20 ヒナ1羽淡水域に降りる。淡水域の水位、42cm。汽水域の水位、42cm
08
20 ヒナ1羽淡水域に降りる。
09
15には、巣塔にヒナ2羽。
11
30 ヒナ2羽淡水域に降りる。
観察中断
13
20 J0294帰巣。吐き戻し、すぐに淡水域に降りる。
観察中断
15
25 J0391とヒナ2羽巣塔にいる。
17
15 巣塔にヒナ2羽。戸島ペアはあたりにいない。

1825 出雲市 本日、J0006J0009が仲良く2羽でいることを、倉敷のHさんが確認されました。(森さん)