営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 201910のエントリ

10月17日(木曜日)10時トラバサミに左脚の指が挟まり負傷していたJ0246が日高町国府平野で解放されました。

ちょうど、城崎小学校3年生の皆さんが、戸島湿地に来られる予定日だったので

J0246の飛び立つ姿を観察してほしくて、一緒に来ていただきました。

小学校までお迎えに行き、バスの中でJ0246がトラバサミにより負傷してから

捕獲までの様子や、トラバサミについて説明しました。

皆さん、先生からもお話しを聞いてよく知っておられました。

バスから降りて、一列に並んだところで飼育員さんのご配慮で

怖がらせないように静かにして足の先だけ見せてもらうことができました。

「痛かっただろうな」「飛べるかな」「大丈夫かな」

飼育員さんが、箱のふたを開けられると

そっと出てきたJ0246。

ゆっくり歩いて田んぼの中へ。

「がんばって〜」とみんなで声援を送りました。

帰りの時間になったため、コウノトリの郷公園の皆様にお礼を言い

バスまで歩いていると、

J0246は羽を広げ、元気よく飛び立ちました。

「とんだ〜」と歓声がわき、手を振る子供たちに見守られて

元気いっぱいに飛び立ちました。

私たちの頭上を旋回しているとJ0087♀が飛来し、追いかけられているように見えました。

すると、もう1羽。そしてもう1羽。山本ペアのようで巣に降りました。

J0246は巣立った直後から、J0102♀とJ0103♀に追いかけられていたので

なんだか可哀そうでした。

心残りでしたが、帰りの時間になり

バスの中では時間いっぱい、皆さんからの質問にお答えしました。

その後の観察では、J0087は電柱に降りて休息し

J0246は高く飛び立ち山の向こうに飛んでいったとのことです。

J0246の飛び立ちを皆さんと一緒に立ち会うことができ、感動を分かち合うことができました。

子供たちのやさしさが、心に沁みました。

 

バス代は、「かこさとし氏手ぬぐい」の売上金の剰余金から出させていただきました。

かこさとしさんも、空の上から子供たちの姿を見て

微笑んでくださっていることでしょう。

最後になりましたが、手ぬぐいをたくさん買ってくださった皆さま

ありがとうございました。

 

10月8日(火曜日)播磨町北池の公園敷地内に
人工巣塔を建てさせていただきました。



東播磨地域では「ため池群と水路網」を地域の財産として、
守り、活かして次世代に継承するため、
地域全体を“まるごと博物館”とする
「いなみ野ため池ミュージアム」が設立されました。



県民局では平成28年度から新たな主要事業として
「ため池コウノトリプロジェクト」として活動を広げられ



環境づくりと地域づくりを両輪とした
「人とコウノトリが共生する東播磨」をめざしてさらに活動されています。



このたび、このプロジェクトの一環として、
東播磨の取り組みに共鳴し、地域の方が選ばれた場所に
人工巣塔を寄附させていただきました。



「コウノトリが、この電柱にとまっていたんだよ」と
嬉しそうに話されていました。

ため池の水が抜かれる頃、コウノトリが飛来してくることでしょうね。

地域の皆さん、よろしくお願いいたします。

東播磨県民局、いなみのため池ミュージアム、播磨町の皆さん
お世話になりました。

(この事業は、日本経団連自然保護基金の支援を受けています)




 
10月1日(火曜日)
『出石川 アユの産卵場所つくり』に参加しました。

浜坂高校、円山川漁協、兵庫県立大学大学院、コウノトリ市民研究所等
総勢70名の皆さんが参加されていました。



コウノトリ市民研究所の菅村先生より、
オオカナダグモの除去について説明を聞き
川の中に繁茂しているオオカナダモを取っていきました。



説明をしっかり聞いて、頑張りました。



その後、じょれんや鍬で河床を耕運して
河床材料を浮石状態していきました。



そうすることで、アユの産卵場所ができるとのことです。



駆除したオオカナダモは25袋ほどになりました。
皆さん、汗びっしょり。
アユがたくさん増えることを願って
労い合って、解散となりました。

皆でする作業は、達成感がありいい気分ですね。
「私たちでお役に立つのか・・・」と躊躇していましたが
スタッフの皆さんの段取り等、勉強になることがありました。