営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2017 2月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 1 2 3 4
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 20170209のエントリ

2017年02月09日 コウノトリ目撃情報
 
今日のコウノトリ目撃網から
 
07:35 気比宇上さんの横の田んぼにJ0391とJ0294がいます(高橋さん)
07:12 日高町、東中学校東側田んぼにJ0015確認。
07:30 出石町、三木巣塔西側150メートルの田んぼにJ0057J0064確認。採餌行動。餌よく食べている。何かは不明。接近すると2羽でクラッタリング。(以上 コウノトリ・フロンティア)

08:08 一日市田んぼJ0362歩行他1羽休息(コウノトリ・フロンティア)

08:40 日高町奈佐路巣塔周辺にコウノトリはいない。谷の田んぼにもいない。
08:43 日高町山本巣塔に1羽降りている。右足黒で片足立ち。周辺にコウノトリはいない。(以上 コウノトリ・フロンティア)
08:57 庄境巣塔に2羽止まっている(宮さん)
08:58 福田巣塔1羽停まっている。 
09:00 滝田んぼでJ0023と足環無し採餌行動。(以上 仲路さん)
12:43 福田田んぼにてJ0020採餌行動。福田巣塔空。
12:57 一日市田んぼにてJ0362休息。離れた田んぼにてJ0023 足環無し1羽採餌行。(以上 石垣さん)
15:10 一日市J0023と足環なしが田んぼで採餌行動。森津上空を1羽、円山川方向へ向かって飛んでいる
15:40 森津J0020が田んぼ畦を歩いている。福田巣塔15:20から15:50まで空でした。(以上 森さん)
 
戸島湿地情報 宮村
06:29 2羽立つ
06:32 J0391飛び去る
06:32 J0294飛び去る
08:21 コウノトリ姿なし 汽水域水位20センチ淡水域水位34センチ
09:05 J0391帰巣
10:20 J0391伏せる
11:16 J0391立つ
11:30 J0391北西方向へ飛び去る
16:54 J0294淡水域採餌
17:15 J0294淡水域採餌 J0391周辺コウノトリ姿なし
 
全国コウノトリ情報
福井県越前市 9日
J0041J0481が目撃されています。詳しくは、「コウノトリ舞う里づくり」へのアクセスをお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/tune20202004/33010548.html
京都府京丹後市久美浜町 9日
J0106J0120J0122が目撃されています。詳しくは、「コウノトリ:久美浜日記」へのアクセスをお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/kounotori26kumihama/14973824.html
徳島県鳴門市 8日
J0044J0480J0138が目撃されています。詳しくは、「浅野由美子 鳴門コウノトリ情報」へのアクセスをお願いします。
https://www.facebook.com/narutostork
鹿児島県奄美大島 9日
J0067が目撃されています。詳しくは、「MIRACLE NATURE@奄美大島の自然」へのアクセスをお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/miracle_nature_amami/e/3aa58243cebdfbd1105c456b27c6e12f
千葉県野田市 
「東京新聞」によると「コウノトリ放鳥を2年延長 野田市、定着を目指す」とのことです。詳しくは、「東京新聞」へのアクセスをお願いします。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201702/CK2017020902000185.html
 
2月6日徳島県教育会館にて開催された
吉野川流域生態系ネットワーク 推進フォーラム
『コウノトリ・ツルが舞う吉野川流域のまちづくり』
(特定非営利活動法人徳島保全生態学研究所主催)に参加しました。



鹿児島県出水の渋谷市長・兵庫県豊岡の中貝市長が基調講演をされ
日本野鳥の会徳島県支部長の三宅さんが
徳島県へのツルとコウノトリの飛来状況などについて
現状報告をされました。

その後、鳴門・徳島・阿南市長
徳島県立農林水産総合技術支援センター所長の司馬織さんが
パネリストになり各市での取り組みなどを話されました。

徳島県全体で、コウノトリがあたたかく迎えれれていることが
行政のトップの方のお話から伺えました。



フォーラムのあと
鳴門市大麻町で営巣している
J0044とJ0480に会いに行ってきました。
電柱の巣にはいませんでしたが
1羽(J0044)が帰巣し
しばらくしてもう1羽(J0480)も帰巣しましました。
(夕刻、ねぐら入りは、戸島ペアと同じ時間の帰巣です)



巣の近くには看板が掲げられ
見守る方がおられ
丁寧に説明してくださいました。

この周辺に、コウノトリがいないときのためにと
写真がたくさん掲示されていました。

雨と強風の中、電柱の巣に2羽で寄り添う姿を観察して
複雑な思いを胸に、鳴門をあとにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日は雨もあがり
高松の友人と
「いい出会いがあるといいな」と願いながら
丸亀・三豊市のため池を訪ねました。

J0083には会えませんでしたが
三豊市では、見守り隊の隊長さんたちに出会えました。

皆さんに案内していただき
J0083が巣材を運んでいた電柱




餌場つくり



J0501が1か月滞在していたビオトープ



塒入りの鉄塔や、
矢野池で撮られた
2頭のイノシシと2羽のコウノトリが
仲良く?並んで映っているのには
ビックリしました。

三豊市の方とお話させていただき感じたことは
「この地域に飛んで来てくれたコウノトリは、僕らがが守らないかん」
コウノトリが、定着してほしいと願っておられます。

名残を惜しんで
再会を願い、帰路に向かいました。