営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2015 11月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 20151107のエントリ

11月7日(土曜日)の午後
川嶋建設株式会社より60名皆さんが湿地作業に来てくださいました。

毎年恒例の大人数で、草刈りと草寄せ作業をしていただいています。



集合後、草刈機の使用など諸注意を確認後
早速に湿地へ。



あっという間に作業が始まります。



淡水湿地の北側から
刈り取ってある草を農道まで運び





水路の中に入って
草を刈り、集め・・・



すごいスピードで作業が進んでいきます。



「僕たちが刈った草は、全部片づけますよ」と言ってくださり
当会会員が歩み板を置き換えていき



見事な神業のごとく
草が搬出されました。



水路の深みに足をとられても
長靴の中に水が入っても・・・
作業は休みなく続けておられました。

『最強のプロ集団』川嶋建設株式会社の皆さん
毎年、毎年、本当にありがとうございました。


 
2015年11月07日 コウノトリ目撃情報
 
今日のコウノトリ目撃網から
 
07:20 田結マツバにJ0030がいます。(高橋さん)
08:00 野上センター前湿地J0001J0362採餌(コウノトリ・フロンティア)

08:09 郷公園内にてJ0012J0021J0059J0089J0099J0100J0476エヒメ他1羽確認。
10:47 百合地農道1羽休息。
10:50 木内電柱1羽とまっている。少し少し離れた田んぼ畦を1羽歩行。
10:53 東浦、出石川五条大橋上流1羽休息。
10:58 出石町宮内田んぼ1羽採餌行動。
11:40 朝来市山東町三保田んぼ(西村カントリー前)J0110採餌行動。(以上 コウノトリ・フロンティア)
12:00 野上センター前湿地J0001J0362休息(コウノトリ・フロンティア)
12:30 養父市八鹿町伊佐拠点近くにはコウノトリいない。
12:56 出石町伊豆田んぼ1羽採餌行動。
12:59 駄坂田んぼ2羽離れて採餌行動。
13:04 百合地巣塔1羽立っている。(以上 コウノトリ・フロンティア)
13:00 日高町山本刈り田でJ0006J0015並んで羽繕い。(コウノトリ・フロンティア)
15:11 コウノトリの郷公園西公開ケージJ0012J0021J0055J0089J0399J0426J0476J0500エヒメの9羽を確認。
15:20 J0059が遅れて入る。(以上 コウノトリ・フロンティア)
16:15 野上巣棟近くのビオトープで野上ペア並んで採餌行動。(松田さん)
 
戸島湿地情報 森さん
08:00 戸島ペア淡水域で採餌行動。淡水域の水位ー。汽水域の水位30cm。
08:55 戸島ペア電柱に移動。
16:45 戸島ペア帰巣。
17:25 戸島ペアねぐら入り。
 
全国コウノトリ情報
兵庫県上郡町 7日
10:43 上郡町宇治山地区鉄塔に2羽。上郡町の方の目撃情報です。(コウノトリ・フロンティア)
香川県三豊市?
ブログ「三郎おじさんのブログ」4・6日で4羽まで足環のわかる画像がアップされています。5羽いるようですが、J0073J0083J0086J0501が確認できます。ただ日付を特定できないのが残念です……
http://blogs.yahoo.co.jp/hatikou58/41202452.html
 
11月7日(土曜日)の午後
東邦大学理学部生命圏環境科学科 
保全生態学研究室准教授西廣先生を講師に迎えて
『刈り取って守る湿地の自然』の講演会を開催しました。

草の繁茂に悩まされ、全て刈り取ってもいいんだろうか? 
草と生きものの関係とは? 
せっかくだから、有効利用ができないか?など
湿地を管理する上でのさまざまな疑問の声が聞かれていました。
そこで、
以前から、豊岡をフールドに研究をされている
西廣先生を囲んで勉強したいと計画しました。

人が湿地や山にほどほどに入りることが
多くの生物多様に貢献しているかを
研究をもとに分かりやすく教えていただきました。



○人間を含む多様な生物の関係が、絶滅危惧種を支えている。
○伝統文化を守ることや、新しい文化を育むことが、生物保全につながる。
として
湿地における『ほどほど』の環境
ほどほどな(強さ・頻度の)攪乱
ほどほどな(水深・頻度の)冠水
などの事例を具体的に話してくださいました。



西廣先生作詞、湿地再生の歌をご紹介

♫ 草を刈ろう! 土に光をあてよう! 新しい芽が伸びてくる
  草を刈ろう! 草木の競争 ヒトが入ればノーサイド
  池を掘ろう! 水をあたためよう! 蛙が魚が沸いてくる
  池を掘ろう! 眠っているタネ 待ってる命 掘り起こそう
  太古から続く われらの営み
  草を刈ろう! 草を焼こう! 池を掘ろう!
  コウノトリと暮らす明日のために ♪ ♪ ♪

 愛唱歌にして、頑張りたいと思いました。

 西廣先生、ありがとうございました。