営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ ククヒ湿地より の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - ククヒ湿地よりカテゴリのエントリ

2014年06月23日 ククイ湿地管理日誌
 
6/15(日曜日)から6/23(月曜日日)までの8日間ククヒ湿地3中心部ソダの隣りにバケツ型トラップを仕掛けておいたらこのような結果がでました



【バケツA】(米糠) ドジョウ18匹メダカ3匹ヌマエビ1匹オタマジャクシ57匹シュレーゲルアオガエル5匹水棲昆虫1匹
【バケツB】(粗びきサナギ粉) ドジョウ21匹メダカ34匹タニシ1匹オタマジャクシ54匹シュレーゲルアオガエル5匹クロゲンゴロウ1匹ハイイロゲンゴロウ1匹

〈データ〉 6/23(月曜日) 13:00作業時の天候は晴れ.気温26.5℃.水温21.5℃
〈コメント〉 去年の6月に湿地3にミナミヌマエビを放流したのですがその子供と思われる小さなエビが観測されました。…ということはククヒ湿地で繁殖してるんだ。しかも自分作ったソダのある場所でです。どうやら竹やら笹を沈めるのは小さな生き物たちにはいい効果があるみたいですね。今後はエサのことも考えてみようと思います。
 
6/23(月曜日)13:00気温26.5℃水温21.5℃
湿地3桜のソダの隣りに設置したバケツ(米糠) オタマジャクシ14匹シュレーゲルアオガエル62匹ドジョウ3匹蛭8匹タニシ5匹コオイ虫1匹ミナミヌマエビ7匹水棲昆虫2匹
シュレーゲルアオガエルはバケツの中でオタマジャクシがカエルになったのだと思われます。
 
ククイ湿地3に新しい生きものの隠れ家を作りました。また同じく湿地3に森津水路と赤石水路からフナ・タモロコ・モツゴに引っ越しをお願いしました。

 
2014年06月14日 ククイ湿地管理日誌
 
下宮・ククイ湿地8モリアオガエル卵塊、人工杉枝産卵場に4個、菖蒲に1個。湿地9ヒノキ枝に2個。ククイ湿地11西山際水路上に1個。下宮・久々比神社北東池上に14個確認しました。湿地8・9の卵塊の下、、モリアオガエルのオタマジャクシが落ちても大丈夫なよう湿地のオオアカウキクサを取り除きました。





2014年06月15日 ククイ湿地管理日誌
 
6/1(日曜日)から6/15(日曜日)までの14日間ククヒ湿地3流入箇所にバケツ型トラップを仕掛けておいたらこのような結果がでました
【バケツA】(米糠) ドジョウ2匹メダカ6匹蛭10匹オタマジャクシ76匹シュレーゲルアオガエル(しっぽ付き)3匹マルタニシ2匹マツモ虫4匹
【バケツB】(粗びきサナギ粉) オタマジャクシ3匹トノサマガエル1匹蛭30匹ゲンゴロウの仲間2匹ハゼの仲間(8?)2匹
〈データ〉 6/15(日曜日)10:30作業時の天候は晴れ.気温25.5℃.水温15.5℃(沢水の流入部)
〈コメント〉 今回はククヒ湿地の中でも一番水温の低いであろう湿地3流入箇所(15.5℃)にバケツを設置してみたのですが同じ湿地3の水温の高い箇所(19℃)のトラップと比較してドジョウとオタマジャクシの数が少なかったのでこの時期の生き物にとっては高い水温の方が住み良い環境と言えるのではと感じました。


6/15(日曜日)10:30 気温25.5℃ 水温19℃
6月10日設置湿地3ソダの隣りに設置したバケツ(米糠) 
ドジョウ14匹オタマジャクシ162匹蛭1匹タニシ3匹

 
ククイ湿地4のオオアカウキクサ駆除作業中にドジョウの稚魚がたくさん引っかかります。少なくともククイ湿地4でドジョウは産卵繁殖していることは間違いありません。
 
2014年06月10日 ククイ湿地管理日誌
 
昨日に引き続き、湿地内のサンカクイの刈り込み、ククイ湿地農道と畦の草刈りと湿地2・3のオオアカウキクサの駆除作業を行いました。
 
3月下宮・久々比神社北東の土上げを行った池の上の樹にモリアオガエルの卵塊7個を確認しました。
 
 
 
5日にセットしたククイ湿地3のバケツの調査結果
15時30分 曇り 気温28度 水温23.5度 餌米ぬか
ドジョウ5匹 メダカ1匹 ヒル3匹  オタマジャクシ106匹 シマゲンゴロウ1匹 ヒメゲンゴロウ1匹
 
 
 
 
2014年06月05日 ククイ湿地管理日誌
 
ククイ湿地2・3のオオアカウキクサ(アゾラ)の駆除作業を行いました。



湿地3につけていた生きもの調査バケツを上げてみると、オオアカウキクサの下でも生き物は元気に生きていました。
調査バケツ 場所:湿地3 期間:5月28日?6月5日 誘引材:ヌカ
本日の16時35分 天気曇り 気温19度 水温18度
ドジョウ8匹 オタマジャクシ73匹 シュレーゲルアオガエル(シッポあり)1匹 ヒル8匹 シマゲンゴロウ2匹 クロゲンゴロウ1匹 タニシ1個でした。

 
2014年06月02日 ククイ湿地管理日誌
 
5月20日(火曜日)から6月1日(日曜日)までの12日間ククヒ湿地9にバケツ型トラップを仕掛けておいたらこのような結果がでました
【バケツA】(米糠) ドジョウ14匹メダカ2匹オタマジャクシ7匹マルタニシ3匹ガムシ1匹
【バケツB】(粗びきサナギ粉) ドジョウ18匹メダカ1匹ガムシ8匹シマゲンゴロウ2匹コシマゲンゴロウ3匹
〈データ〉 6月1日(日曜日) 17:10作業時の天候は晴れ.気温31.5℃.水温27℃
〈コメント〉 アカガエルの上陸と同時にシュレーゲルのオタマジャクシがバケツにはいるようになりました。うまく時期をずらしているのが実感できました。
それにしても今年はオオアカウキクサの繁殖がすごく湿地のほとんどを覆っているといった状況です。
本日2日も湿地2・3のオオアカウキクサ(アゾラ)の駆除作業を行いました。