営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ ククヒ湿地より の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - ククヒ湿地よりカテゴリのエントリ

2014年05月16日 ククイ湿地管理日誌
 
ククイ湿地3に竹を使った生きものの隠れ家を作りました。


湿地全体のサンカクイを刈り倒しました。


湿地2ではオオアカウキクサの除草作業を行いました。
 
2014年05月11日 ククイ湿地管理日誌
 
ククイ湿地周辺の農道の草刈りと畦の草刈りを行いました。オオアカウキクサ(外来種)とサンカクイの繁茂が管理上頭が痛い問題です。良い知恵がありましたらお願いします。

5/2(金曜日)から5/11(日曜日)までの9日間ククイ湿地9にバケツ型トラップを仕掛けておいたらこのような結果がでました
【バケツA】(米糠) ドジョウ37匹オタマジャクシ10匹ガムシ1匹丸タニシ1匹
【バケツB】(荒びきサナギ粉) ドジョウ8匹オタマジャクシ7匹蛭8匹ガムシ12匹縞ゲンゴロウ12匹灰色ゲンゴロウ18匹
〈データ〉 5/11(日曜日)08:45作業時の天候は晴れ.気温19.0℃.水温12.0℃
〈コメント〉 湿地にはたくさんのアオモンイトトンボやシオカラが飛んでいます。水の中にはメダカが泳ぎ泥の中にはドジョウがたくさんいます。やればそれなりの成果はでるもんですね。今から人工魚礁みたいなものを作って湿地に沈めておきます。
 
 
2014年05月02日 ククイ湿地管理日誌
 
4/24(木曜日)から5/2(金曜日)までの8日間ククイ湿地8にバケツ型トラップを仕掛けておいたらこのような結果がでました
【バケツA】(米糠) ドジョウ21匹オタマジャクシ54匹メダカ4匹蛭18匹ゲンゴロウの仲間3匹
【バケツB】(荒びきサナギ粉) ドジョウ7匹オタマジャクシ21匹蛭34匹メダカ3匹ゲンゴロウの仲間5匹丸タニシ5匹
〈データ〉 5/2(金曜日)18:00作業時の天候は晴れ.気温17.5℃.水温19.0℃
〈コメント〉 アカガエルのオタマジャクシに足が生えてきました。大きさは40?程度でそれ以下のものにはまだ足が生えておりませんでした。たんぼは一度春先に乾かしますから卵塊[→]オタマジャクシ[→]カエルとなるのは物理的に無理なのでしょう。
 
2014年04月24日 ククイ湿地管理日誌
 
4/14(月曜日)から4/24(木曜日)までの10日間ククイ湿地2にバケツ型トラップを仕掛けておいたらこのような結果がでました
【バケツA】(米糠) ドジョウ37匹オタマジャクシ13匹ヤゴ1匹蛭4匹ゲンゴロウの仲間7匹
【バケツB】(荒びきサナギ粉) ドジョウ22匹オタマジャクシ34匹蛭5匹メダカ2匹ゲンゴロウの仲間2匹
〈データ〉 4/24(木曜日)17:50作業時の天候は晴れ.気温17.0℃.水温21.0℃
〈コメント〉 二月にアカガエルの卵塊調査をおこなった時湿地2は僅かしかなかったのでこれくらいの数が入っているのが妥当か(前回の湿地10は夥しい数のオタマジャクシが入っていた)
ドジョウは湿地内に藁を沈めているのでそこに集まってきたのかも知れないです。ドジョウは目測250g 程度入っていましたがコウノトリ一羽の食事量から考えるとまだまだ増えてほしいですね。
 
2014年04月20日 ククイ湿地管理日誌

ククイ湿地2の改良作業を行いました。湿地2の中央に新たに畦を作って水深の違う環境を作って生きもの・植物の違いを観察することが目的です。シュレーゲルアオガエルの産卵が始まっています。
4月23日は湿地に流れ込む水量の調整、中央畦の土盛り作業を行いました。あと数回の作業で基本的な改良作業は終了して観察が主な作業になります。
改良前

改良後