営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 代表のつぶやき の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 代表のつぶやきカテゴリのエントリ

 近年、かつての「入会(いりあい)」の概念を、外来語の「コモンズ」という言葉で表現されることが多くなっています。
 
 コモンズとは、東京大学東洋文化研究所の菅豊(すが ゆたか)教授によれば、「資源利用が特定集団に限定され、その集団によって決められたある規則に則って管理され利用される共的資源、それらが存在する空間」だそうです。
 
 私には、「なんだ、やっぱり入会でいいんではないか」と思ってしまいますが、「では、入会でいいんだな」と言われると、入会は長い歴史の上に厳密な規定がしっかりとあるので、田結地区のこれからのことを考えようとしている場合にも当てはまるかは「うーん」と黙り込まざるを得ません。
 
自信がないので、外来語は嫌いですが、当面はコモンズを使います。(今後、活動形態が固まってくるうちに、誰かぴったりの日本語の言葉を考えてください)
 
で、次なる関心事は、「どのように人々が共同して資源を利用し、共同で分配、維持管理しているかというシステム」(菅)となるのですが、それではあまりにも早く進み過ぎます。
 
ゆっくりと、まずは、「土地」というものに思いを馳せてみましょう。
 
魅力的な文章があります。アメリカ合衆国、フランクリン・ピアース大統領に宛てたアメリカインディアン、シアトル酋長の1855年の手紙です。(「ダニエルズ編『出会いへの旅―メニューインは語る―』?みすず書房」より) 長いですが原文のまま掲載します。
ぜひお読みください。
 
白人の都市には、静かな場所がありません。
秋の葉音や昆虫の羽音をきく場所がないのです。
たぶんわたしが野蛮人でわからないために、騒々しい話し声が耳を辱めるのでしょう。
そしてもしも人間がヨタカの美しい鳴き声や、
夜になると池の周囲でおこなわれるカエルの議論を聞くことができなければ、
生活はどうなるでしょうか? 
 インディアンは、池の水面をさっと吹いてゆく風のかすかな音や、
真昼の雨に清められたり松のかおりを発散したりする、
風そのもののにおいのほうを好むのです。
空気はインディアンにとって貴重なものですが、
それはすべてのもの―動物と樹々と人間自身―が同じように呼吸しているからです。
白人は、自分が呼吸している空気に気づいていないようです。
死んで何日もたった人間のように、彼は自分の悪臭に無感覚なのです。

 もしもわたしが受諾するならば[ここでシアトル酋長は、
白人が買いたいと思っている土地に言及しています]、わたしはひとつ条件をつけます。
つまり白人はこの土地の動物を、自分の兄弟とみなすべきである、ということです。
わたしは野蛮人ですので、ほかのどんな方法もわかりません。
わたしは大平原の上に多数の腐敗してゆく野牛を見たことがありますが、
それは白人が通過する列車から射殺して置き去りにしたものです。
わたしは野蛮人ですので、われわれが生きるためだけに殺す野牛よりも、
どうして煙を吐く機関車のほうが大切であるのかわかりません。
動物がいなければ、人間はどうなるでしょうか?
 もしもすべての動物がいなくなったとしたら、人間は魂の大きな孤独さのために死ぬことでしょう。なぜなら動物の身の上に起こることはなんであれ、人間の身にも起こることですから。ありとあらゆるものは結びついています。
大地にふりかかることはなんであれ、大地の子にもふりかかるのです。
 
われわれの子供たちは、父親が敗北して誇りをくじかれたさまを見ました。
われわれの戦士たちは恥辱を感じました。敗北したのち、彼らは毎日を怠惰に過ごし、
甘い食物と強い酒で自分の肉体を不純なものにしています。
われわれが残された日々をどこで過ごそうと、たいした問題ではありません―それは多くの日数ではないのです。
さらに数時間、さらに数回の冬が過ぎれば、かつてこの大地の上で生活し、
小さな集団となって森林を歩きまわった偉大な部族の子供たちのなかで、
かつてはあなたの国民と同じほど力強く希望にみちた人びとの死を哀悼するために残る者は、
だれひとりいないことでしょう。
 
ただひとつのことをわれわれは知っており、
白人はいつの日かそれが真実であることを発見するでしょう。
つまりわれわれの神は、あなたがたの神と同じである、ということです。
あなたはいま、われわれの土地を所有したいと望むのと同じように、
神を所有していると思うかもしれません。だがあなたには所有できません。
彼は人間の神なのです。
そして神の哀れみは、インディアンと白人に等しく向けられています。
この大地は神にとっても貴重なものであり、大地をそこなうことは、その創造者に侮辱を浴びせることです。
 
白人たちもまた―たぶんほかの種族よりも早く―死ぬ運命にあります。
あなたのベッドを汚しつづけるならば、あなたはいつの夜かみずからの排泄物で窒息するでしょう。野牛がすべて惨殺され、野生の馬がすべて馴らされ、
森の奥まった片隅が多くの男たちの体臭でみたされ、
豊かに茂った丘の眺めがお喋りな女房たちによって汚点をつけられるとき、
茂みはどこにあるでしょうか? 
なくなっています。ワシはどこにいるでしょう?
いなくなっています。これは、生きることの終わりと生き残ることの初めを示しているのです。
 
白人がなにを夢み、長い冬の夜にどんな希望を子供たちに語り、
彼らが明日を望めるようにどんなビジョンを彼らの心に焼きつけるかを知っていれば、
われわれにもわかるかもしれません。
だがわれわれは野蛮人です。
白人の夢は、われわれから隠されています。
そしてそれが隠されているために、われわれはみずからの道をゆくでしょう。
 
もしもわれわれが自分の土地を売ることに同意するならば、
あなたがわれわれに約束したインディアン保留地を確保することになるでしょう。
たぶん、その地でわれわれは、短い日々を望むがままに生き抜くかもしれません。
 
最後のインディアンが大地から消え去ってしまい、
彼の思い出が大平原を寄切ってゆく雲の影のようになるとき、
これらの岸辺と森林はわたしの部族の魂をなおも保持しているでしょう。
なぜならわれわれは、生まれたばかりの幼児が母親の胸の鼓動を愛するように、
大地を愛しているからです。
 
 
 続きは後日に。


 
田結地区でのコウノトリを受け入れる動きは、
鳥の観察→餌場(湿地)づくり→放棄田の見直し→共有資源化へと広がり、
深化しているように感じます。
 
 外部からの関心とともに訪れる人が増えてくると、すぐ経済的な話題になるのが通常ですが、
この地区では最初から「お金儲けはしなくてもいい」との雰囲気が漂っていました。
おそらく、全ての水田が耕作されなくなった今日では、これから圃場整備し、
機械を購入して稲作農業を復活させることは不可能と誰しもが思われていること、
かといって、生きものを増やしたところでそれが経済の対象になるとは考えられないこと、
そして何より、
来訪者の増加とともにお金が動きだすとこれまでの村の良い面が崩れていくのではないかとの
危惧が強かったと思います。
最も大きな関心事は、自分たちが代々営んできた生業、共同体意識、伝統文化、しきたり、人情、そして自然を、外部の人、それも社会一般がレベルが高いと認める行政の長や
最高学府の学者たちからどのような評価を受けるか、でした。
結果、この3年間において、それはものの見事に最高点の賛辞を贈られ続けたのです。
これらの賛辞が、地域の人々の勇気と自信を回復させたことは間違いありません。
 
 今年からの取り組みが、いよいよ佳境に入って来るのでしょう。
稲作という生業がなくなった代わりに住民の日役(共同作業)で行うといっても限界がありますし、
外部人間のボランティアというのもたかがしれています。
何らかのお金(収入)は、やはり必要です。
具体的になればなるほど、意見の対立や利害の衝突があるかもしれません。
世代のつながりも課題です。
そして、いくらスーパースターといっても、
コウノトリのインパクトも慣れるに伴って色あせてくるかも。
 
 これから、様々な場で村のあり方が論じられるでしょう。
そのとき、(私たちもその議論に加わるとしたら)私自身は、
みんなでつくった畦の写真を根っこに置いて話し合いたいと思います。


 個人の土地境界を取っ払ってつくられた畦。
手作業で盛られただけの簡易なものですが、将来に向かっての「どっしりとした日本の新たな秩序」の始まりのような感覚を覚えるのです。
 「具体的に説明しろ」と言われても明確にはできないので、
「コモンズ(Commons)」の概念を参考にしてみましょう。

 以下は、続きで。



 
2008年5月から始まった田結地区放棄田での水辺づくりは、ささやかなものでした。
 最初に思いついたのは、「水を溜めよう」でした。
放棄田は、どこでも乾燥化し、草地になり、やがてブッシュ化して山林化してしまいます。
「コウノトリが舞い降り続けるには、餌となる水辺の生きものを増やさねば」との思いから、
荒れた個所の水漏れを防ぐために、数人で畦を補強し、簡単な池をつくってみました。


〈 さーて、どこから・・・〉


〈 まず、水漏れ・・・〉

〈 小さな池を・・・・〉
 
 この程度なら、奥地でもあるし、地区の人も一緒だし、
土地所有者の了解はいらないだろうと・・・。
けれどもやはり気になるので、以後は区長と事前に相談してから取り掛かるようにしました。
相談の都度、区長さんからは「大丈夫、問題なし。
土砂の流出を防ぐのだから」との回答です。
地元地区の理解があり、好意的なことが、
活動するにはとっても重要です。
「ありがたいな」と、このときはそれくらいの認識だったのです。
 
 湛水化して湿地再生する活動は、徐々に地区内に周知されることとなり、
役員(9人)さんたちもスコップや草刈機を持って一緒に作業されるようになりました。
 2009年からは、兵庫県や日本経団連自然保護基金から助成も受けたので、
大々的な作業となってきました。7月には住民総参加で行われたのです。
行なったのは、入り組んでいた元の棚田に板柵で直線の畦を設けて水を溜めるというものです。

 
〈板柵を設置して〉

〈土を盛ります〉

〈 畦と湿地が・・〉
 
 さすがにここまで来ると、
地権者の方たちは誰かが文句を言うだろう、との思いが頭をかすめます。
土地の境界線であった畦が崩れてなくなり分からなくなっているとはいえ、
自分の土地(元水田)に大勢の他人が入り、個人の境界を無視して湿地を造成するのですから。
私「ほんとに大丈夫?」役員「大丈夫!」
 私の中では、もう「ありがたい」を通り越して「なんだかすごいことになったな」と。
でも、こちらからはことさらにそのことを強調して発言することは控えていました。
よそ者が軽々に言うべきではないと思ったからです。
 
 2010年の作業は、外部からの応援者も参加して、
総勢70名という大がかりなものになってきました。
それに伴い、私も少しずつ、言葉に注意しながら、発言や文書で公言しだしました。
曰く、「コウノトリが舞い降り、新たな光を投げかけてくれたこの谷を、
地域の人々は個人個人の財産ではなく、
地域全体の共有財産(資源)として捉え直そうとされている」と。
 それって、かつての「入会(いりあい)」のようなものになるのでしょうか?
 
 以下は、続きで。

 
あけまして おめでとうございます。
 コウノトリ湿地ネットは、今年もコウノトリの生きざまにこだわりながら、
湿地づくりに邁進していきますので、よろしくお願いします。
 
 この「代表のつぶやき」を評して、
「つぶやきにしては文章が長い」とか「つぶやきのくせに回数が少なすぎる」
などの声を聞きますが、これはどうも、今年も改善はされそうにありません。
悪しからずご了承いただいて、お付き合いください。
 
 大晦日から元日にかけて、この豊岡も一気に大雪となりました。
積雪量で言えばかつてほどではありませんが、何せ雪の降り方が尋常ではありません。
近年は、
雨の降り方が局地的で、たまたま集中豪雨に見舞われた所が大災害を被るという格好で、
「観測史上初」との言葉がやたら多くなってきました。
今度は雪です。どうやら、ほんとに地球が壊れだしたのでしょう。
そんなときでも、政界では権力闘争やらで、どことくっつくかが連日の話題ですし、
テレビはバラエティ番組が主流です。
その間に領土問題が起こったり、核兵器はなくならないし・・・。
 
 私も軽薄人間ですが、
せめて「 コウノトリ」を考えるときにはどっしりとした展望を持ちたいと思うのです。
我がコウノトリ湿地ネットの森事務局長は、
「上を向いて鳥を見るのもいいが、下を向いて地面を見ることも大事」と言っています。
 それならば、ここで「土地」について考えてみよう、というわけで、
再度、田結地区の魅力について、私の思うことを述べてみたいと思います。
田結地区での取り組みの中で、そこに住む住民と土地との関係の変化の過程に、
将来展望への大きな鉱脈がありそうに思うからです。
 
 「耕作が放棄された土地(元水田)に水を溜めて湿地状にし、
水辺の生きものを復活させてコウノトリの餌場にする」というのが、
田結地区での自然再生の基本取り組みです。
 
 山に挟まれた谷は、当たり前ですが奥に行くほど地盤が高い傾斜地です。
そこを田んぼに造成したのですから、
完成した形状は、これも当たり前で棚田状になっています。
畦を設け、水漏れを防ぐために畦塗りをして管理されてきました。
それが、40年ほど前の第一次減反政策の頃から徐々に耕作放棄田が広がり、
ついに5年前を最後に全ての水田が耕作されなくなってしまいました。
年月が経つうちに畦は崩れ、やがて元の緩やかな傾斜地に戻っていきます。
畦は地番境界でもあったので、
畦がなくなることは個人所有地の境界線が分からなくなることでもありました。
下の写真は、2008年5月の状況です。

 
 この年の4月に、
ハチゴロウの戸島湿地で営巣していたコウノトリのペアが突如舞い降りました。
それからは頻繁に飛来しては餌を探し、食するようになったものですから、
村はにわかに活気づいてきました。
コウノトリ湿地ネットは、いち早く駆け付け、水辺を良くしようとの作業を開始しました。
 
以下は、続きで。


 
12月11日、コウノトリの郷公園の隣村、
豊岡市法花寺地区の岩下勇さんが亡くなられました。
83歳でした。
 
 法花寺地区には、現在の漫才の起源といわれる門付け万歳が伝承されています。
江戸時代後期から農閑期の出稼ぎとして始まったようで、
かつてはいくつかのグループで丹後、丹波地方まで門付けにまわったとのことです。
 漫才の演者は太夫(たゆう)と才若(さいわか)の2人で、
今の漫才で言うと太夫がツッコミで才若がボケとなります。
それに三味線の伴奏が加わって、七五調の文句で巧みに掛け合いながら踊るのですが、
岩下さんは才若の演者として右に出る者なしの名人でした。
とぼけた口調で述べ、鼓を打ちながら踊られる様は、
なんともユーモラスで品があり、見る者をぐいぐいと引きつけられたものでした。

 
「法花寺万歳を演じる岩下さん(右)」
 
 私は、教育委員会の当時、
法花寺万歳は文化財(兵庫県指定)として職務の対象でしたが、
コウノトリと同じようにその魅力にはまっていました。
岩下さんは保存会の会長として後輩の指導にも力を注がれていましたが、
練習時や普段の会話の中でも
イライラされたり叱責されるような場面に出くわしたことはありません。
裏表のない実に穏やかな方で、じんわりと器の大きさを感じたものです。
 
 通夜のとき、息子さんが
「今までに見たことのないような穏やかな死に顔でした」と述べられていました。
穏やかな方が最上の安らぎを得て逝かれたのでしょう。
 
 私の中に、これからもずっと残る人です。