営業日カレンダー
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 活動報告 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 活動報告カテゴリのエントリ

6月23日(土曜日)豊岡市にて
『ENEOSわくわく生き物学校』が開催されています。
(JXTGエネルギー株式会社協賛のもと、
 豊岡市が主催で平成21年より開催されています)

今日は、第一日目です。
コウノトリの郷公園〜コウノトリ文化館で
コウノトリと施設を見学され
コウノトリについて学習後
兵庫県立人と自然の博物館の三橋弘宗先生を講師身迎えて
田結湿地で湿地や川で生きもの調査をしました。



三橋先生は
これからの活動について
「ここに住んでいるのは、どんな生きものかを知ることだけが目標ではなく、生きものの様子や採ったところの環境も見ながら、明日スコップや板を使って、どうやったら生きものが住みやすくなるか、考えながら探しましょう」と話されました。
ただ、生きものを観察するだけでなく、
来年もずっと生きものが住めるように改造していくには、
どうすればいいかを考えて生きものを採り、
どんな場所に住んでいた顔観察することが今日の目標と、
分かりやすく説明してくださり
参加者の皆さんは、ウエイダーに着替えてタモを持ち
夢中になって探しておられました。
子供たちは勿論のこと、お父さん、お母さんも一生懸命です。



小さな水生昆虫を見つけた男の子は
三橋先生から「こんな小さな生きものを頑張って採ってくれると
先生は専門だから名前がすぐにわかるよ。
小さな生き物を見逃さないで観察しているところは偉いね」と
お褒めの言葉をいただきました。



皆さんが見つけた生きものを
カエル・魚・エビ・ヤゴ・カニの種類別に分けて
もう一つ、
ちょっと小さくて、これは絶対新種だと思うものを入れる箱もありました。

三橋先生が、イボガエルの説明をされています。
前世はその生きものだったのかと思うほど、とても詳しく
初めて見ても親しみがわき、分かりやすく説明してくださいます。



魚は、コウノトリ市民研究所の北垣和也さんが
スミウキゴリとウキゴリの違いや
川で産卵して海へいく
アユカケやカマキリは海で産卵して川へいくものなど
丁寧に説明されました。



その後、今日見つけた生きものを観察して
湿地のどこを改造していくか話合いました。



最後に、田結川にカニ籠を沈めて、あす引き上げて観察します。
ニシンを餌に、2か所に設置しました。



集会所に戻り、グループに分かれて話し合い
夕食へと向かわれました。



田結地区役員の皆様、アンガールズ、
立命館大学茨木キャンパスの皆さんもお手伝いくださいました。



帰り道、韓国済州島まで渡ったコウノトリ(J0094♂)が
田んぼで餌をパクパク食べている姿をみました。

今日、皆さんが見つけられた生きものたちがいなくなると
コウノトリは生きていけません。

コウノトリだけでなく、私たち人間も
安心して暮らせない社会になるでしょう。

『エネオスわくわく生き物学校』は
大人も子供も、初対面の人もお馴染みの人も
豊岡でコウノトリと共に、学び、憩い、
自然や生きものに思いを馳せ、
大切にしたいことを分からせてもらえる
ステキな学校です。

皆さんは、もう夢のなかかな?

明日は、みんなで一緒に『小さな自然再生活動』が行われます。

田結湿地で、どんな工夫がされるでしょう。
楽しみですね。

 
日本人は古来からお米を主食にし、田んぼを守ってきました。
田んぼは日本人が暮らしていく上で不可欠なものであるだけでなく、
多くの生きものが生まれ、育っているところです。
もちろん、コウノトリにとっても大切な餌場です。

今日の農業を取り巻く状況は非常に厳しく、
経済的に成り立たない上に、後継者も不足しています。

お米の消費量は、外食や中食産業での消費が増えていますが
各家庭でのお米の消費量は減り続けているのが現状です。

各家庭で安全安心+生きもの共済型のお米を積極的に食べることで、
一杯のごはんから食文化や生きものとの関係、経済性を伝えたいと
ポスターを作りました。

若いお母さんに、ご飯が大好きな子供をて育てもらうことが
農地を守り、お米を作ってくれる人を増やし、
生きものも人も、健康で安心して暮らせると思います。

イラストは豊岡市日高町にお住いの、谷原佳世さんが描いてくださいました。

※このポスターは、生物多様性ひょうご基金(イオン株式会社)の助成を受けて作りました。

ご希望の方は、ハチゴロウの戸島湿地までお問い合わせください。
電話 0796−20−8560
E-mail toshima8560@iris.nenet.ne.jp




 
6月4日(月曜日)田結地区で湿地保全の作業をしました。



田結地区の磯崎さんと
佐竹代表、地域お越し協力隊の永瀬さんの3人で
水が漏れているところの補強作業をしました。



J0094やJ0043の飛来情報があり
何とか、生きものを増やしていきたいと
工夫を重ねています。

29日は『エネオスわくわく生き物学校』が開催されます。
ご一緒に作業をしていただける
ボランティアを募集しています。

コウノトリのために、一汗かいてみませんか?




 
5月23日(水曜日)日本経団連自然保護基金記念シンポジウムと
企業とNGO等との交流会に参加しました。

昨年度より、
日本におけるコウノトリ繁殖地の拡大に向けた生息環境の再生』
と題したプロジェクトを支援していただいています。 




シンポジウムでは
慶応大学大学院政策メディア研究科の
蟹江憲史教授が基調講演をされました。



交流会では約20団体がポスターやパネル展示を行い
企業や団体の活動の様子など情報交換をしました。


 
5月22日(火曜日)『野田自然共生ファーム』を訪問しました。
野田市では、未来を担う子どもたちに
多くの生き物がいる自然環境を残したいと
これまで進めてきた生物多様性の保全・回復の取り組みが
後世に引き継がれるよう、
生物多様性のシンボルとしてコウノトリの舞う里を目指し、
江川地区に飼育・観察が可能な『こうのとり里」をつくられています。
春先の田植えに始まり、環境学習など
訪れる人は年々増えているそうです。



23日に足環が付けられるとのことで
3羽のヒナが、大きくなっていました。

木全常務より取り組みお話しを伺い
当会からは
コウノトリ目撃情報のアプリについて
説明させていただきました。



ヒナが生まれる様子が館内の
映像で見ることができ、親しみがわきました。