営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 活動報告 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 活動報告カテゴリのエントリ

11月26日(土曜日)の午後
日高町三方地区でコウノトリの餌場つくりに励んでおられる
『ひろちゃんクラブ』の皆さんと一緒に
兵庫県損害保険代理業協会の皆さんが
日高町伊府で湿地作業をしてくださいました。



豊岡市コウノトリKIDSや
兵庫県損害保険代理業協会のご家族も一緒になり
皆で力を合わせて、コウノトリの餌場つくりをしました。



ひろちゃんクラブの代表の成田さんよりお礼の挨拶から始まり
佐竹代表より、湿地作業の説明をさせていただき
作業を進めていきました。



アッという間にスタンバイで
作業はすぐに始まっていました。



コウノトリKIDSの担当の
コウノトリ共生課の大逸さんは
マンツーマンで作業中です。



コウノトリ共生課の谷垣さんは
兵庫県損害保険代理業協会のご家族と
作業を楽しんでおられます。
奥様も、子ども達も一生懸命です。



皆さんの頑張っておられる姿をご紹介。



大きな堰が2つできました。



但馬県民局からは弘中さんも駆け付けてくださいました。



子供たちも、頑張ってます。



ママの頑張りを見つめる子供たち。



初対面の二人ですが・・・



CSR担当の岡本さんは、ジャンバーを脱いで奮闘中です。



宮村会員と、東京農工大学大学院の田平さん
ひろちゃんクラブの皆さんと
草の繁茂している部分を剥がして、水路を繋げていきます。



ひろちゃんクラブの成田代表は
重機を使って、皆の作業を助けておられました。



作業を終えて記念写真。



総勢40名で力を合わせて頑張りました。



作業のあとは、じゃんけん大会
伊府地区の田んぼでとれた
新米をプレゼント。



最後に兵庫県損害保険代理業協会の代表より
ご挨拶をいただきました。



作業のあとは、皆がそれぞれに
お礼の言葉を言い
あたたかな心で、散会となりました。



これから冬のあいだ
涌水のあるこの場所は、コウノトリの絶好の餌場とねぐらになります。

コウノトリが舞い降りている姿を瞼に描き
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

帰り道、J0006とJ0015に出会うことができました。
伊府の湿地へも降りてね  ♡






 
パタパタ33号を発行しました。今号では新たに発足した「日本コウノトリの会」についてお知らせしています。戸島湿地まつりの様子もご覧ください。
11月1日(火曜日)の午後
日高町三方地区でコウノトリの餌場つくりに励んでおられる
『ひろちゃんクラブ』の皆さんと
26日(土曜日)に開催する湿地作業の打ち合わせをしました。



ひろちゃんクラブの皆さんによると
先日、三方小学校の皆さんと生きもの調査をされた際に
田んぼと同じほど、たくさんの生きものが見つかったそうです。
今回は、さらに生きものを増やしたいと
今年も、兵庫県損害保険代理業協会の皆さんが
一緒に作業をしてくださいます。
コウノトリKIDSの皆さんも来てくださるそうで
力を合わせて頑張りたいと思っています。



作業は、穴掘り中心です。
お茶の時間には、あたたかい飲み物や
楽しい企画をしています。





 
10月29日(土曜日)の午前
京丹後市網野町仲禅寺で開催された
『人と自然の共生セミナー』で佐竹代表が講演をしました。
このセミナーは
『人と自然の共生ネット』が開催され
共に活動をされている綾部市、京丹後市の方が参加されていました。



佐竹代表は、当会の活動や、
ハチゴロウの戸島湿地での活動の様子をお話しました。



講演会の前には
コウノトリの舞い降りている場所を
案内していただきました。

京丹後市には
毎年秋には、20羽近くのコウノトリが飛来しています。
当会の会員のビオトープにも
コウノトリが舞い降りていることを
参加者の皆さんにお知らせしました。

 
10月20日(木曜日)
新バージョンの絵葉書ができました。
会員の皆様が、日々の観察の中で採られた写真を
提供してくださったおかげで
ステキな絵葉書となりました。

今回の特徴は、
奄美大島、和歌山、鳴門、久美浜などの飛来先など
コウノトリに魅せられた方の想いのこもった写真です。

写真提供者は
 浅野 由美子氏 鳴門市
 奥 昭仁氏   奄美大島 
 坂本 信隆氏  加古川市
 中野 義樹氏  姫路市
 土橋 進氏   和歌山市
 花谷 英一氏  豊岡市                                    
 美王 恵治郎氏 京丹後市 です。

なを、2羽のコウノトリが重なるように飛ぶ絵葉書は
今は亡き、滝下房夫氏(豊岡市)が撮影されました。
滝下さんを偲んで再度作成しました。

 写真を提供してくださった皆様に感謝して
10月23日(日曜日)の『ハチゴロウの戸島湿地まつり』より
1枚100円で販売させていただきます。
コウノトリ本舗さんでも、同時販売をしていただきますので
ぜひ皆さん、お買い求めください。
よろしくお願いいたします。
※ 売上金の収益は、湿地保全活動に充てさせていただいています。