営業日カレンダー
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 戸島湿地便り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 戸島湿地便りカテゴリのエントリ

『ハチゴロウの戸島湿地まつり』に
コウノトリの郷公園松本獣医師を迎えて、講演会を開催しました。

『コウノトリの健康管理』の演題で
獣医師として、野生動物の日常的な治療の様子や
病気の予防について、分かりやすく説明していただきました。



松本先生は、自己紹介のなかで
子供のころに野兎の子供を
2年間くらい育て野に返したことがあるとのことで
子どものころから、動物好きだったと話してくださいました。

『コウノトリの診療所』として
診察室の紹介と
7羽〜10羽が入る『入院のための部屋』が
屋内と屋外にあり
3月に嘴が折れて保護・収容されたJ0275も
この入院部屋で治療されています。
J0275が自力で餌が採れるようにと
給餌の仕方も工夫され
怪我をしたコウノトリは、手厚く保護されています。

また、人間と同じように病気にることもあり
オウム病など園内に病原体を持ち込まないように
消毒などを気を付けておられるとのことです。



野生動物は、弱みを見せると襲われたりするので
きりきりまで元気に振舞っていることが多いそうで
コウノトリの場合も、昨日まで元気だったのに
朝になり死亡していたこともあるとのことです。

死亡した時には解剖して、原因を追究して
同じ理由で死なせないように
餌の内容を変えるなど、対策をとられています。

はく製にしたり、骨格標本にするなど
有効に活用されています。

飼育のコウノトリが健康に暮らすことが
繁殖や調査研究、野生にかえすことがうまくいき
野外のコウノトリの健康管理は
なかなか難しいが、コウノトリの健康を維持することは
生態系の健康を守ることにつながり
そこで暮らす人間も健康に暮らせるようになるという
生態系を健康にするという
『保全医学』は獣医師の努めだと話されました。

私たちにも分かるように説明してくださり
コウノトリの郷公園がとても身近に感じました。

コウノトリの郷公園もイベント開催日で
お忙しい中、スケジュールを調整していただき
ありがとうございました。

 
10月23日(日曜日)『ハチゴロウの戸島湿地まつり』を開催しました。
時々、雨がばらつきましたが
大雨になることはなく最後まで終えることができました。

毎年恒例のバザーは、戸島地区の焼きそば・おでん。
新米も好評でした。
今回、初めて
KAKEHASIチームも参加してくださり
焼き椎茸や野菜を販売されました。



田結地区は、炭火で焼いた
サザエのつば焼きと焼きキスが香ばしいにおいが立ち込めていました。
磯の香はいいですね。



ワークホーム大地さんは
さをり織りのグッズやラスクの販売。
とてもセンスよく織られていました。



有限会社晃さんは親子で
花鉢の販売をしてくださり
会場に華を添えてくださいました。




今回初めて
『燻製のひろば』で、
燻製の会の友田さんに
卵やイカ、鶏肉のハムを作っていただきました。
仕込みに何日もかかる
手間のいる作業を、一人でしてくださいました。



キリンさんで焼く、熱々ピザは好評で
ペレット焼き芋機で焼いた『焼き芋』は
ホクホクの美味しさでした。
城崎ペレットの川中さん兄弟が頑張って焼いてくれました。



管理棟内では、松田さんがクイズをして
戸島湿地や戸島ペアのことについて
皆さんとお話しました。



湿地では、但馬野鳥の会の皆さんと一緒に
探鳥会をしました。
湿地を一周して、みんなで『鳥合わせ』
コウノトリ・カワセミ・アオサギ・ダイサギ・コガモ・トビ・セグロセキレイ
ハクセキレイ・オオバン・ヒドリガモ・ハシボソガラス・ハシブトガラス
スズメ・タシギ・イカルチドリ・ミサゴ・コサギ・モズ 
ご家族で参加されている方もありました。



午後からの講演会も様子は
後日、詳しくお知らせいたします。


最後に、恒例の『餅まき』
毎年、戸島湿地に作業をしていただいている
兵庫県損害保険代理業協会の吉谷さんと
あおいほけんの岡本さん
株式会社川嶋工務店の渡辺さん
コウノトリ共生課の天野部長に
餅まきをしていただきました。



一等は
燻製の会の友田さん。
記念写真を撮らせていただきました。



下島の魚の救出作戦では
大きなフナなどを救出し
子どもたちに見てもらいました。



コウノトリ市民研究所の北垣さんを講師に迎え
コウノトリキッズの皆さんたちにも
魚の説明をさせていただきました。

バザーなど、地域の方の協力を得て
今年も、『ハチゴロウの戸島湿地まつり』を開けることができました。

あいにくのお天気のなか、お越しいただいた方々
本当に、ありがとうございました。

 
10月22日(土曜日)いよいよ、明日が『ハチゴロウの戸島湿地祭り』です。
戸島ペアは朝早くから戸島湿地で餌を探していました。
8時40分頃には帰巣してマウンティングをして羽繕。
仲良くしています。
午前中であれば、コウノトリも観察できると思いますので
皆さんぜひ、お越しください。

なを、チラシにはありませんが
川中さんにペレットグリルで『焼き芋』をしてもらいます。
それから、管理棟内では
『クイズに答えて、ハチゴロウの戸島湿地を知ろう』として
松田さんがクイズをします。

バザーの出展者は、準備に頑張っています。
燻製は、クラッカーにのせて試食コーナーもありますので
おなかを空かせて来てくださいね。







 
10月22日(土曜日)の午前
『円山川・玄武洞 ノルディク・ウオーク』
マルマツスポーツ歩キングの皆さんがお越しくださいました。

今年度の「全国・自然歩道を歩こう月間」(環境省)に参加されています。



豊岡市日高町の方が多く
日高町に飛来しているコウノトリと
三方地区で湿地保全活動をしていることを
お話しをさせていただきました。



城崎温泉駅からお電話をいただいた時には
戸島ペアは巣に帰っていたのですが・・・
皆さんが来られて時には
湿地南の田んぼに降りていました。



戸島湿地をあとに、玄武洞へと向かわれました。
ノルディク・ウオークは、背筋が伸びて
気持ちよさそうでした。

「お気をつけて、いってらっしやいませ」とお見送りしました。



 
10月20日(木曜日)の午前
セルビア共和国パンチェヴォ市より
市の幹部と環境の研究者の皆さんが
湿地保全の取り組みについて視察に来られました。

佐竹代表が
コウノトリ野生復帰の取り組みや
ハチゴロウの戸島湿地や戸島ペアについて
お話しをさせていただきました。



パンチェヴォ市もヨーロッパコウノトリが繁殖しています。
研究者の方から、感動的なペアのお話しを聞くことができました。

『羽を折り保護・治療されて野にかえされた母鳥のもとへ
アフリカへ渡った父鳥が毎年帰って来てヒナを育て巣立たせています。
その父鳥を「カタカタくん」と呼び
「カタカタくん」が帰ってくるのを
地域の人たちみんなで待っておられるそうです』
「そのころに、パンチェヴォ市へ来て一緒に待ちませんか」と
お誘いを受けました。



パンチェヴォ市でも豊岡でもコウノトリのペアは
人々にあたたかく見守られています。

コウノトリを通じて、交流を進めていきたいと
確認しあいました。

コウノトリの絵葉書をお土産に
買ってくださいました。