営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 戸島湿地便り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 戸島湿地便りカテゴリのエントリ

10月1日(土曜日)の午後
龍谷大学農学部で開催された
インターンシップ報告会に行って来ました。



龍谷大学農学部では、
座学としての講義や実験等などの実習に加えて、
現場に直接携わ ることを通じて、
「本質を知る」人材の育成を大切にされています。



チームに分かれて
4分づつの発表され
活動の内容、感じた事、将来の夢などお話しくださいました。



戸島湿地で、汗びっしょりになって作業をしてくれた西野さんは
インターンシップを通じて、大切だと思ったこととして
・考える力
・仕事を楽しむ姿勢
・人との関わり の3つをあげられていました。
コウノトリの生息環境を整えることを
資源景物科学科で農業を学ぶことで
知識の応用が可能になると思ったと話されました。

西野さんに再開できて、嬉しかったです。
また、来年新しい出会いがあることを願っています。

報告会で、いろいろな取り組みや
学生さんの想いをお聞きし、学ばせていただきました。



 
今年も、下記のとおり
『ハチゴロウの戸島湿地まつり』を開催します。
皆さん、お誘い合わせてお越しください。

4月に着任された
コウノトリの郷公園の獣医師松本さんから
『コウノトリの健康管理』について講演をしていただきます。

湿地では、但馬野鳥の会の皆さんと野鳥観察をいたします。

バザーは、例年どおり
田結地区、戸島地区、ワークホーム大地さんが出店してくださいます。

今年は
城崎のKAKEHASHIグループの皆さんが
焼き椎茸や野菜の販売。
燻製の会の皆さんが、ハムを作り
鹿肉、猪肉、鶏肉、チーズ、卵などを燻製にして味わい
販売もいたします。
戸島湿地のヨシを使ったペレットつくりに励んでおられる
川中建築ペレット製造部のみなさんと一緒に
ペレットグリルヒーター『キリンさん』で
ピザと焼き芋を焼き、販売いたします。

学んで、食べて、交流して
楽しんでいただきたいと準備を進めています。

皆さん、どうぞお越しください。

9月17日(土曜日)の午前
豊岡市日高町の福元さんが
三脚を寄贈してくださいました。



戸島湿地に野鳥の観察や
コウノトリの写真を撮りに来られた際
管理棟のフィールドスコープの三脚が
グラグラしていて、気になっていたとのことです。



新しい三脚を購入された際
今まで使っていたのを戸島湿地で役立ててほしいと
持ってきてくださいました。

嬉しいです。
大切に、使わせていただきます。
福元さん、ありがとうございました。


 
9月17日(土曜日)の朝いちばんよりお昼まで
豊岡総合高校インターアクトクラブの皆さんが
湿地作業に来てくださいました。



作業の説明をさせていただき
ストレッチを兼ねてラジオ体操。



淡水域に繁茂するヨシを宮村会員が刈り
刈り取った後のヨシを集める作業をしていただきました。



女子高生3名、一生懸命作業をしてくださいました。



開放水面が広がり、コウノトリも餌を採りやすくなりました。



但馬県民局地域政策室環境課長さんも
一緒に作業をしてくださいました。




高校生の皆さんは7月に続き2回目で
感想を伺うと
「ウエイダーを着ての作業は、とても暑かったが
 広い範囲ができて達成感がある」と話されていました。
担当の岩本先生からは
「高い草で覆われていたら、コウノトリは降りることができないが
草を刈り、開放水面を作ることにより
コウノトリや他の野鳥も降りやすくなる。今日の作業はそのための作業です」
と、まとめてくださいました。
域政策室環境課長さんから
「皆さん一生懸命されていた」と労っていただき
宮村会員から
「皆さんのように、汗を流すことを厭わずに作業に来てくれることが
とても嬉しく、励みになる」と感謝の気持ちを伝えました。

豊岡総合高校インターアクトクラブの皆さん
ありがとうございました。








 
8月19日(金曜日)の午後
『まいづる市民会議』の皆さんがお越しくださいました。

まいづる環境市民会議は
「第2期舞鶴市環境基本計画」の具体的な取り組みを
中心となって推進することを目的に
平成24年4月に設立されました。



舞鶴市には
戸島人工巣塔生まれのJ0022とJ0028が飛来してます。
近々には見かけなくなったとのことですが
巣を作りかけている鉄塔の巣材は
そのままにしてあるそうです。



佐竹代表より
戸島湿地が出来た経緯や
コウノトリが生息できる環境づくりについてお話しさせていただきました。

豊岡では、休耕田を利用したビオトープづくりが進んでいるので
これから、田結湿地とククヒ湿地を視察していただき
参考にしていただければとお伝えし
豊岡市役所コウノトリ共生課の大逸さんより
豊岡市の事例を説明させていただきました。

午前中には、コウノトリの郷公園で
コウノトリについて学んでこられたとのことです。