営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 戸島湿地便り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 戸島湿地便りカテゴリのエントリ

10月7日(金曜日)の午前
城崎小学校2年生と3年生の38名の皆さんが生きもの調査に来られました。

2年生は理科の学習として
昆虫を調べに来られました。
3年生は4月から、コウノトリについて学んでおられます。

佐竹代表から、昆虫の写真を見せてもらい
頭に入れてから、湿地へ向かいました。



2年生は、先生からタモの使い方を教わり



仕切り堤防を歩き、生きものを探し
シオカラトンボ・オンブバッタ・コバネイナゴ・クモなどを見つけました



3年生は、淡水域の西側水路沿いの畦を歩き



生きものを探し、写真を撮りました。



アキアカネ・シオカラトンボ・オンブバッタ・ショウリョウバッタ・
ハネナガイナゴ・コバネイナゴ・ヌマガエル・タニシ・モクズガニなど
たくさんの生きものを見つけました。



捕まえた生きもを観察して
班ごとに発表し湿地に放しました。



秋晴れの湿地に子供たちの声が響いていました。


 
10月7日(金曜日)朝、管理棟に着くとJ0391が帰巣していました。
巣の真ん中あたりに佇んでいます。



真ん中あたりの草は無くなっています。
J0391が繕ったのでしょうか・・・



なんとなく、そんな気がしたので
少し早くに来てみましたが・・・
どんなふうにしたのか
観察したかったです。

草を引っこ抜いて下へ落としたのでしょうか・・・
よく見ると、巣には白い羽がついています。

J391はその後、淡水域に降りて
J0294と一緒に餌を探していました。


 
市内の人工巣塔に草が生えているのを
当会のメンバーから、心配の声が聞こえています。

戸島人工巣塔でも、草が伸びています。
8月、9月とミサゴが巣にとまり
魚を咥えては巣に戻り食べていました。
その後、カラスもとまりお相伴をしている姿を何度か目撃しています。

草は、9月初から気になり始め
来館されたコウノトリ関係者の方にも尋ね
様子をみようと・・・

9月21日の午前J0391が帰巣し
しばらく、巣にいましたが30分くらいで
巣塔の南の湧水池に降りました。



その後、雨が降り
晴天が続き
草も伸びてきました。
巣には羽がついています。
私たちの知らない時間に戸島ペアは帰巣していたのでしょうか・・・



本日、台風一過の巣塔は
こんな感じになりました。 ↓



近々に戸島ペアのいずれかが帰巣したのは
9月30日17時45分です。
しばらく観察していましたが、巣を繕うことなく日が暮れました。

昨年は、J0030が飛来していたためか
7月18日に早くもマウンティングしています。
今年の観察中には、まだマウンティングを確認していません。
他のコウノトリが飛来しないためかどうかは分かりませんが
戸島ペアそろって帰巣していないようです。

今日も、日が暮れてきましたが・・・


 
10月5日(水曜日)京丹後の会員の方から
サツマイモをいただきました。

ペレットを使ったグリルで『焼き芋』をします。

皆さん、ぜひお越しください。



『安納芋』とのことで、とても甘くて
美味しいお芋です。
ペレットグリルで焼くと
さらに美味しくなります。

皆さんのお越しをお待ちしています。


 
10月1日(土曜日)の午後
龍谷大学農学部で開催された
インターンシップ報告会に行って来ました。



龍谷大学農学部では、
座学としての講義や実験等などの実習に加えて、
現場に直接携わ ることを通じて、
「本質を知る」人材の育成を大切にされています。



チームに分かれて
4分づつの発表され
活動の内容、感じた事、将来の夢などお話しくださいました。



戸島湿地で、汗びっしょりになって作業をしてくれた西野さんは
インターンシップを通じて、大切だと思ったこととして
・考える力
・仕事を楽しむ姿勢
・人との関わり の3つをあげられていました。
コウノトリの生息環境を整えることを
資源景物科学科で農業を学ぶことで
知識の応用が可能になると思ったと話されました。

西野さんに再開できて、嬉しかったです。
また、来年新しい出会いがあることを願っています。

報告会で、いろいろな取り組みや
学生さんの想いをお聞きし、学ばせていただきました。