営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 戸島湿地便り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 戸島湿地便りカテゴリのエントリ

10月19日(水曜日)城崎小学校3年生の20名の皆さんが
草刈りにきてくださいました。

コウノトリの観察から、湿地の生きもの調査をして
今回は、コウノトリのために作業をしたいと
皆さん張り切って来られました。



子どもたちが刈りやすいところを
宮村さんが整えておいてくれました。



佐竹代表より、鎌の使い方を説明し



湿地に入って刈っていきます。


刈った草は集めて



木道に置いて乾かします。



宮村さんが一輪車で運んでいると



子どもたちも集めて一輪車で運んでくれました。



草刈りをしながら
「変な虫がおる〜」
「カエルがおった〜」



「みんなで汗をかいて、みんなで頑張って、みんなで草を刈れてよかった」
「僕と、○君と、○さんの3人で5本の道ができた」
「暑くて、汗がたらたら出るほど頑張った」
「服が汚れるほど頑張った」子供たちの感想です。

草で埋まっていたところが、広場になり
コウノトリも降りれるようになりました。

城崎小学校3年生の皆さん、ありがとうございました。



 
10月15日(土曜日)の午後
近畿大学付属豊岡中学校生徒会より5名の皆さんがお越しくださいました。



佐竹代表が
『コウノトリ野生復帰]の取り組みと
湿地の仕組みや生きものについて説明し



湿地に入り
水路のセイタカアワダチソウの駆除作業をしていただきました。



その後、湿地の生きものを観察し
汽水域に暮らす魚を調べていきました。



サヨリ・スズキ・フナ・チチブ・マハゼ・ビリンゴ・シマイサキ・
テナガエビ・スジエビ・モクズガニなどを確認しました。

生徒の皆さんは
『コウノトリ野生復帰の取り組み』の話や
保全活動、生きもの調査と盛りだくさんの内容で
時間を忘れるくらい楽しかったと喜んでおられたとのことです。

コウノトリや生きものが住める自然環境に
関心をもってもらえる一歩となれたことが
嬉しいです。

今朝、湿地を歩くと
水路の水もきれいになっていました。
作業、お疲れ様でした。
ありがとうございました。


 
10月16日(日曜日)出勤時には、
湿地周辺に姿を見せなかった戸島ペアは
8時を過ぎたころにJ0391が北方より飛来して
淡水域に降りました。
11時2分にJ0391が帰巣すると
J0294がどこからか現れ帰巣しました。



上空1羽、北から南へ飛ぶコウノトリがいます。
戸島ペアは、軽くクラッタリングをしてから
巣を繕っています。



その後、マウンティングをして
寄り添っていました。



他のコウノトリの飛来により
帰巣し、マウンティングをして
仲の良さをアピールしているのでしょうか・・・
来春で繁殖10年目となる夫婦です。

 
10月13日(木曜日)の午前
豊岡市立五荘小学校3年生117名の皆さんがお越しくださいました。

ちょうど、1組さんが駐車場に到着されたとき
J0391が北方より飛来し、県道沿いの電柱にとまりました。



全員が管理棟の中に入れませんので
湿地・観察棟・管理棟と3班に分かれて
・湿地の仕組み
・戸島湿地に飛来する野鳥
・コウノトリについて
の、学習をしました。



管理棟内では
「コウノトリが巣の中をつついているのは何をしているのですか」など
コウノトリに親しんでおられる地域ならではの質問も
たくさんしていただきました。


 
10月8日(土曜日)9時〜16時までの間
香住高校生によるラムサールエリア内生きもの調査が行われました。



まずは、昨日15時に仕掛けた定置網を引き上げ
種類ごとに分けて計測。



スズキ・ウナギ・シマイサキ・ヒイラギ・ブルーギル・モツゴ・マハゼ・
ビリンゴ・タモロコがいました。
(計測されていましたが、結果はいただいておりませんので種類のみ)



シマイサキはたくさんいました。
円山川下流域で、たくさん確認されているそうです。



水路に埋めた竹筒には
大きなウナギが入っていました。



「もってかえりたい・・・」

「ダメです」

すぐに、逃がしてやりました。



15時の終了予定をオーバーし
夕刻まで、調査されていました。

淡水域では
ボラ・コイ・フナ・キタノメダカ
カダヤシ・アメリカザリガニ・ウシガエルのオタマジャクシを確認しました。



最後に、みんなで記念写真。

ほんとうに、楽しそうに調査されていました。