営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2019 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 城崎小学校3年生の皆さんとJ0246♂の飛び立ち(解放)の感動を分かち合いました。

城崎小学校3年生の皆さんとJ0246♂の飛び立ち(解放)の感動を分かち合いました。

10月17日(木曜日)10時トラバサミに左脚の指が挟まり負傷していたJ0246が日高町国府平野で解放されました。

ちょうど、城崎小学校3年生の皆さんが、戸島湿地に来られる予定日だったので

J0246の飛び立つ姿を観察してほしくて、一緒に来ていただきました。

小学校までお迎えに行き、バスの中でJ0246がトラバサミにより負傷してから

捕獲までの様子や、トラバサミについて説明しました。

皆さん、先生からもお話しを聞いてよく知っておられました。

バスから降りて、一列に並んだところで飼育員さんのご配慮で

怖がらせないように静かにして足の先だけ見せてもらうことができました。

「痛かっただろうな」「飛べるかな」「大丈夫かな」

飼育員さんが、箱のふたを開けられると

そっと出てきたJ0246。

ゆっくり歩いて田んぼの中へ。

「がんばって〜」とみんなで声援を送りました。

帰りの時間になったため、コウノトリの郷公園の皆様にお礼を言い

バスまで歩いていると、

J0246は羽を広げ、元気よく飛び立ちました。

「とんだ〜」と歓声がわき、手を振る子供たちに見守られて

元気いっぱいに飛び立ちました。

私たちの頭上を旋回しているとJ0087♀が飛来し、追いかけられているように見えました。

すると、もう1羽。そしてもう1羽。山本ペアのようで巣に降りました。

J0246は巣立った直後から、J0102♀とJ0103♀に追いかけられていたので

なんだか可哀そうでした。

心残りでしたが、帰りの時間になり

バスの中では時間いっぱい、皆さんからの質問にお答えしました。

その後の観察では、J0087は電柱に降りて休息し

J0246は高く飛び立ち山の向こうに飛んでいったとのことです。

J0246の飛び立ちを皆さんと一緒に立ち会うことができ、感動を分かち合うことができました。

子供たちのやさしさが、心に沁みました。

 

バス代は、「かこさとし氏手ぬぐい」の売上金の剰余金から出させていただきました。

かこさとしさんも、空の上から子供たちの姿を見て

微笑んでくださっていることでしょう。

最後になりましたが、手ぬぐいをたくさん買ってくださった皆さま

ありがとうございました。

 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧