営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 宮古島佐和田自治会から住民表をいただいているJ0067♂に会いに行ってきました。

宮古島佐和田自治会から住民表をいただいているJ0067♂に会いに行ってきました。

2月19日〜22日まで、
宮古島でJ0067の観察をされている長浜さんに案内していただき
中央大学4回生で春から東大大学院でコウノトリの研究をされる
大坂さんと一緒にJ0067♂に会いに行ってきました。



J0067は『佐和田幸田』と命名され
自治会長さんは「遠くから来てくれたけん、大事にせんと」と
上記のとおり滞在200日めで、特別住民票を交付してくださっていました。



奄美大島で過ごしていたJ0067は
3月28日に池間島の小学生が見つけてくださり
本日(2月23日)で333日目を迎えます。



宮古毎日新聞社の伊良波記者にお話を伺うと
「せっかく来てくれたんだから、自分たちが守りたい」と話され
観察をしていて気づかれたことを話してくださいました。
「佐和田の磯湖は昔から地域の人の食糧庫で、
そこにコウノトリがやってきた。豊かな自然が残っている貴重な場所だ」



「第一発見者の小学生にも会っておいで」と紹介してくださり
会いに行ってきました。



賢い『鳥少年』で、図鑑をよく読んでいたので
すぐにコウノトだとわかったとのこと。
おばあちゃん自慢の孫息子、孫娘です。



その後、伊良部島へ戻り長浜さんに観察ポイントを教えていただき
たい肥工場やため池を見て回りました。



夕刻、再度訪れたため池にふわりと降りてきた『佐和田幸田君』
一日目は、かすかに姿を見ただけでしたが
日が沈むまで、このため池に佇んでいました。



21日は、宮古野鳥の会会長などを務めておられる仲地先生に
宮古島市の教育委員会に案内していただき
J0067やコウノトリ市民科学について説明させていただき
市広報に「豊岡からコウノトリが飛んで来とるよ」と
まずは、知ってもらうところから始めていきたいと言ってくださいました。



生活環境部 環境衛生部 自然環境部の方ともお話させていただき
スマートフォンのアプリから
J0067の様子を見ていただく機会に恵まれました。



宮古テレビの砂川さんが取材に来てくださり



再度『佐和田幸田君』を見つけることが出来ました。



豊岡に戻る前に、佐和田の浜で過ごしている姿が一目見たいと
海を見ると、強風に耐えて遠くの岩の上にとまっている姿が見えました。



宮古島のbluesky
宮古ブルーの海の上を悠然と舞う『佐和田幸田君』



大勢の人に大切にされ、
足の怪我も、目の上の傷も治ったようで
宮古島の自然と、人情に守られ、たくさんの食べ物にも恵まれ
安全に安心して暮らしています。

コウノトリ市民科学のデータ公開から、J0067と検索していただけると
長浜さんの観察記録が見られます。

苗字があるコウノトリはJ0067だけですが
海で泳いだ帰りにコウノトリと出会い
魅せられた長浜さんも珍しい存在です。

海辺のコウノトリ『佐和田幸田君』婚活中です。(婚活してほしい)
みなさんもぜひ、宮古島へお出かけください。

 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧

Re: 宮古島佐和田自治会から住民表をいただいているJ0067♂に会いに行ってきました。
akym   投稿日時 2019-3-6 0:04
和佐田幸田 君。
J0067に、よくぞ、面会に行っていただきました。
家族というか、親類というか、J0067がどれほど、よろこんだことでしょか。
 ご報告と言いますか、紀行文といいますか。きょう(5日)になって気が付きました。申し訳ありません。
 
 宮古島に渡って、かれこれ、一年になるんですね。
 みなさんにお世話になり、すっかり、元気になりまし たね。
 貴君たちは、人と人を取り持つ結びの天使です。