営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 京丹後市市場人工巣塔での繁殖について

京丹後市市場人工巣塔での繁殖について

京丹後市久美浜町市場の人工巣塔は、
当初は安全・安心な農業のシンボルとして
地域で無農薬のお米作りに励む野村さんたちが建てられていました




常時、数羽のコウノトリが飛来し
その観察記録を美王さんが発信されています。




地域の方も営巣を願っておられ
安定した巣塔にしたいと、当会の会員で
日本コウノトリの会にも入会され
全国の方と交流をされているお二人が中心になり
活動をされていることから
巣台は、あおいほけんさんからの寄付金で作り
建て替えの費用は、寄付金を募り
アッという間に目標額に達し、昨年の1月6日に完成しました。

同月の30日には、J0020が巣塔に初めてとまり
その後も、数羽のコウノトリが羽を休め
水が張られた田んぼでは、6羽がねぐら入りをしていました。

詳しくは、下記の観察の記録をご覧ください。

https://blogs.yahoo.co.jp/kounotori26kumihama/MYBLOG/yblog.html

春先から、どの個体が営巣するのか楽しみにしていたところ
4月11日の15時より
J0106♀とJ0122♂が交代で伏せ
巣を空けることをしなくなりました。

J0106♀とJ0122♂は姉弟で近親婚になり
心配しつつも、静かに見守って観察され
情報発信をされていました。

5月11日に、コウノトリの郷公園により
近親繁殖を避けたいと
飼育のコウノトリが生んだ卵と入れ替える『托卵』をされ
J0106とJ0122の間で生まれていた卵1個と
飼育下で生まれた卵2個を入替えられました。

このことは、翌日新聞で
『近親婚防止へつがいの卵交換 コウノトリで世界初の試み』と
発表されました。
新聞によると、『今までは近親ペアが巣作りした際には
巣に縄を張るなどして繁殖活動をやめさせてきたが
今後も近親ペアができるものとみている。
ペアの相手が別の雄や雌になる可能性があるのに、
殖経験を習得する機会が奪われるとの観点から、
別ペアの卵と交換する托卵を決定した』とのことです。





托卵が行われた後、2日間J0122は帰巣せず
J0106がずっと抱卵していました。

13日の夕刻、J0106が野村さんの田んぼに降りて
水を飲むのを確認しました。



14日の朝、J0122は巣が見える
小学校の屋根にとまっていましたが帰巣しませんでした。



16日にJ0122が帰巣し20日までは
交代で抱卵していたようですが
その後は、J0106も巣を空けることが多くなり
23日には、地域の方は「今年は、諦めた方がいいな」と
話されていました。

巣塔の下にはビオトープが作られ (給餌はされていません)
夕刻には、カエルが大合唱しています。
J0106が、一羽で長時間抱卵できたのは
巣の下に広がる田んぼと
カエルの大合唱があったからと思えてなりません。

この数か月、地域の方は
ヒナの誕生を楽しみにしておられました。
言葉にできない想いも、たくさんあったと思います。

安全で安心なお米作りと
コウノトリが安心して暮らせる地域づくりは
私たち人間にとっても、安心して暮らせる地域です。

田植えの時期を考慮し、巣塔の真下で作業をする前に
まず畦の草刈りをして、コウノトリの様子を観察されてから
田植えをされていました。

「コウノトリが来てくれて」
「ようけ、カエルガ泣いとりましょうが」
「かわいそうに・・・」
「心配せんでも、J0106は飢えることはないで」
「諦めましたわ・・・」

地域に飛来したコウノトリへ、愛情を一杯注いでおられます。

 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧

Re: 京丹後市市場人工巣塔での繁殖について
akym   投稿日時 2018-5-30 18:07
京丹後市久美浜町市場の巣塔。
 ご報告、ありがとうございます。
 
 餌事情にも恵まれて、子育てにはとても良いところのようですね。
 なんとか、ひなたちの姿を見たいものです。
 カエルたちが頑張るすぎるのでしょうか。