営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2020 2月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 過去、コウノトリは豊岡で冬を過ごしていたのか?

過去、コウノトリは豊岡で冬を過ごしていたのか?

パタパタ第8?11号での拙文から、改めて振り返って見てみましょう。
 
江戸時代の様子
 1744年に島地区に舞い降りた記録が最古です。
日にちは旧暦の2月5日、新暦なら2月下旬?3月上旬というところでしょうか。
うーん、厳冬期を過ぎた頃かな?微妙です。
しかも、この個体はすぐ殺されたので、豊岡で冬を過ごしたとは言えないですね。
もちろん、どこから来たのかも分かりません。
 
 次に登場するのは幕末期ですが、
旧暦の3月11日(1840年の出石城上空)、
6月4日(1859年の伊豆地区)と2件とも冬期ではありません。
 
 養父市大養父地区・泉光寺の供養塔に刻まれたコウノトリは旧暦3月(1846年)とありますが、
これは供養塔が建立されたときで、個体の死亡時期は不明です。
 
明治・大正時代の様子
 営巣?繁殖の記録がほとんどですが、
大正12年に兵庫県が刊行した「兵庫県史跡名勝天然記念物調査報告書」に、
「冬期は多少その数を減ずる」とし、
その理由を「恐らく一部の鳥が南方に渡行するが為ならんと思考せらる」と記述されています。
 
昭和時代の様子
 パタパタ9号で触れたように、
昭和初期の様子は、岩佐修理氏、谷垣義三氏の記述が残されていてありがたい。
これをまとめると、次のようになります。
 
?冬期でも「かなり」姿を見るが、出石の谷では毎年、雪が降るとみえない。
?和田山では、12月初旬までは親子でいるが、1月になると親だけ残って、他はいずれかへ行く。そして、次のように結論されている。
「親鳥は土着してこの土地を離れない」
「その年に巣立ったものは、11月末から翌年1月頃にどこかへ渡っていく」
 兵庫県の見解をさらに深めたもので、親鳥と幼鳥に分けて観察されています。
 
 私の知る限り、目撃証言も1件あります。
 片間地区の吉谷氏で、昭和10年の冬、小坂田んぼで1羽が餓死したとのことです。
その剥製は、今も小坂小学校に保存されています。
 
第二次世界大戦後になると、新聞の地元版が貴重な資料を提供してくれます。
「春を告げるコウノトリが今年もまた豊岡市へやってきた」で始まる
昭和27年4月1日の朝日新聞の記事は、
河谷地区の親鳥は昨年の晩秋に飛び去ったが、3月下旬に忘れずに訪れてきた、とあります。
 さらに同新聞は、その年の10月に、豊岡高校教諭・山本茂信氏の
「渡り鳥だが、最近は河谷付近の山の中に巣ごもりして越冬しているようだ。
保護が行き届いてかなり数がふえてきたのではないか」との談話を掲載しています。
 そして、翌28年の同新聞には、越冬ペアが、河谷と福田の2つになったことを紹介しています。

 その後は、周知のとおり、ほとんどの個体が豊岡盆地から離れていません。
 
以上の記録から考えると、
?昭和26年までは、少なくとも、その年に繁殖した幼鳥は、全員(?)が南方に渡っていた。
?豊岡に留まった個体は、大雪の冬期には餓死するものもあった。
?親鳥は渡らずに留まったが、積雪地区では営巣場所を離れた(移動した)。
?戦後、留まる個体が増えだしたのは、保護運動による給餌が影響している。
    と言えそうです。
 
 次回では、現在のコウノトリは、冬、どんな感じで餌を探し、
どんな生きものを食べているのかを見てみましょう。
 


 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧

Re: 過去、コウノトリは豊岡で冬を過ごしていたのか?
ゲスト   投稿日時 2012-11-15 17:47
すごくコウノトリのことがわかりました。