営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2020 6月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 代表のつぶやき の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コウノトリ湿地ネットブログ - 「コウノトリのために」を思う その2

「コウノトリのために」を思う その2

野外のコウノトリを見ていた後の帰り道、
後ろ髪を引かれるような気持ちになったことがありませんか? 
どうも、彼(彼女)がこの後どうなのか心配になるのです。
「居ても立ってもいられない」とまではいかなくとも、
心の隅で気にかかって仕方ないようになれば、
あなたはきっちりと「コウノトリ病」にかかってしまいました。
 
 私も経験があります。
2002年の2月に安来市で、
豊岡に飛来してくる前のハチゴロウを同僚と一緒に見ていたときのことです。
2時間以上探し回って、やっと見つけた彼は水路で餌を探していました。
そこには餌生物がいないらしく、田んぼに移動しました。
しかし、そこにも生きものは見つからないようです。
少し離れた所にはコハクチョウの集団が居て、
仲間とキャピキャピ言いながらおいしそうに餌を食べています。
コウノトリはと言うと、一人(羽)さみしく餌を探し、ポツンと立ってはあたりを見回しています。
やがて日が暮れ、暗闇になる直前に河川の中に移動していきました。
私たちは、もう帰らねばなりません。
「真冬の川で、魚が捕れるのかしら?」
「ひょっとすると、今日はほとんど食べていないのかも」帰路に就く心の中は…。
 
そう、人間を「気になって仕方ない」ようにしてしまう原因は2つです。
1つは、コウノトリ自身から発せられます。
単独で行動するので1羽でいるのはあたりまえ、と言ってしまえばそうなのですが、
それに加えて、餌を捕るのに、あのどんくさいこと。
コウノトリが醸し出す孤独感と採餌の仕草、そして白と黒のコントラストが美しく凛々しいあの風貌。
弱さと強さと美しさをゴチャ混ぜに持っているが故に(人間なら「人間臭さ」と言うのかな?)
多くの人々を引き付けるのでしょうし、「いじらしい」気持ちにさせるのです。
 2つ目は、コウノトリは動物食で大食漢なのに、
これまでの環境破壊によって彼(彼女)のお腹を満たすだけの餌生物が
そこにいないことを観察者が知っているからです。
 
 気になって仕方なくなれば、次にとるべき行動は決まっています。
コウノトリを見続けること、餌生物のことを考えることです。
そして次には…。
 次の、さらにその次の行動へと必然的に進んでしまうのが、
「コウノトリ病」と単なるバードウオッチャーの違いです。
コウノトリ湿地ネットは、病にかかった者の集団です。


 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧

Re: 「コウノトリのために」を思う その2
akym   投稿日時 2010-12-12 12:24
そうですか。
ハチゴロウは、ついのすみかとなった豊岡に来る半年前に、安来市で観察されていたのですか。
そして、お二人を追うように、豊岡に飛来したのですね。
わたしは、迷鳥のかたちで、豊岡にやってきたものとばかり思っていました。
半年も前にそのような出会いがおありになったとは。
Re: 「コウノトリのために」を思う その2
ゲスト   投稿日時 2010-12-12 12:18
そうですか。
ハチゴロウは豊岡市に現れる半年前に、安来市で目撃されていたのですか。
そして、豊岡のお二人を追うように、豊岡にやってきた――と言い切ってのではないでしょうか。