営業日カレンダー
全国コウノトリ飛来情報
コウノトリ市民科学
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ブログ カレンダー
« « 2020 5月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最新のエントリ
コウノトリ湿地ネットブログのトップへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

コウノトリ湿地ネットブログ - 最新エントリー

2月11日(水曜日)昨年11月に地域の皆さんが建てられた
和田山町久和田の人工巣塔に
2羽のコウノトリがとまり、1羽が上空を旋回していたと
東河地区協議会より、連絡をいただきました。
翌日には岡田の人工巣塔にもとまり交尾行動をしたそうです。




11時30分頃、コウノトリを観察されている
滋賀の若月さんより、人工巣塔にJ0160♂とJ0157♀がとまり
交尾行動をしたと連絡をいただきました。




早速に、東河地区協議会にお知らせし
巣台を寄贈してくださった「あおいほけん」さんへ
若月さんから送っていただいた写真を送らせていただきました。




若月さんによると、
「今日は近くで工事しているため、西側の巣塔に行ったのかもしれません。
近所の人は今日初めて岡田に来たとのことです。
久田和の巣塔には枝が乗っていて巣作りもしていたとのこと。
マウンティングのあとは南西の田んぼで採餌していました」


その翌日からは、久和田の人工巣塔に巣材を運び
交尾行動をしているようです。


人工巣塔を建てられた時には手作りの風連が大空を舞いました。



「東河地区の自然や風景を守っていくためのシンボルとして
 コウノトリを迎えたい。安全安心な農業を次の世代までつなげたい」と
話されたことを思い出しています。
地域の皆さんの願いに、コウノトリが応えてくれたようで
とても嬉しいです。

J0160♂は、
当会が2018年に高砂市阿弥陀町で
日本経団連自然保護基金による支援を受け支柱を設置し
巣台は「あおいほけん」さんからの寄付金で造った巣塔にも
とまってくれました。

「あおいほけん」さんからの寄付金の巣台は3台あり
2018年から京丹後市市場では営巣しており
共に「あおい巣塔」と呼んでくださっています。

地域の願いにと社会の願いが一つになりました。
その橋渡しを、当会がさせていただけたことは
とても嬉しく、活動の励みとなります。

皆さんと共に、喜んでいます。
ありがとうございました。



 
12月25日(水曜日)の午後
経団連自然保護協議会 NGO活動成果報告会で
3年間の活動報告をさせていただきました。



当会は、2016年より
『日本におけるコウノトリ繁殖地の拡大に向けた生息環境の再生』の
プロジェクトで支援していただいています。

雲南市2基、長浜市、高砂市、高島市、揖保郡播磨町と
3年間で6基の人工巣塔を建てさせていただきました。

近々のコウノトリの様子や、各地域での取り組みについて
佐竹代表がお話しをさせていただきました。

海外の事例では、
『ラオス北部における生物多様性保全と持続可能な森林管理のための研究・教育プログラムの推進』について、
公益財団法人地球環境戦略研究機関 国際生態学センターの
矢ケ崎主任研究員が3年間のラオスでの活動報告を発表されました。

最後に、ハチゴロウの戸島湿地の紹介をさせていたくこともできました。

支援先の企業の方に、活動を報告する場を与えていただき
ありがとうございました。



 
11月3日(火曜日)高砂市に建てさせていただきた人工巣塔に
J0131♀とJ0160♂が降りたと連絡をいただきました。

200名が参加され、ため池のカイボリをしておられるときに、
2羽が飛来し人工巣塔に降りたとのことで、
地域の皆さんも大層喜ばれたとのことです。

7日には巣材を運んでいる情報が『コウノトリ市民科学』に
寄せられました。



この人工巣塔は、
支柱は日本経団連自然保護基金の支援を受けて建てさせていただき
※「日本におけるコウノトリ繁殖地の拡大に向けた生息環境の再生」プロジェクト

巣台は、あおいほけん(甲南アソシエイツ株式会社)の寄付金で
作らせていただきました。

全国の企業、地元企業、行政、市民団体がつながり
コウノトリを迎えて地域づくりを進めていきたいと
準備しているところへ、コウノトリが応えてくれました。



 
10月28日、兵庫県養父市伊佐地区生まれ(2016年5月)J0136♂が
韓国全羅北道 高敞(コチャン)郡 富安面(ブアンミョン)で確認されました。
韓国教員大学のキム・ス・ギョンさんよりJ0136の元気な様子が届きましたのでお知らせいたします。
韓国で放鳥されたコウノトリと9羽と一緒にいるとのことです。


 
当会に寄せられたJ0136の情報から
丹後市 2016年10月1日
綾部市 2016年11月14日
韓国江陵市 2017年12月13日19日22日
韓国広陵市南大川 2018年年1月20日
韓国全羅道 2018年9月7日 イエサン郡放鳥のコウノトリと一緒
韓国全羅道 2019年10月28日 イエサン郡放鳥のコウノトリ9羽と一緒



韓国で2年近く過ごし、来春には3歳になります。
伊佐ボーイのJ0136は、韓国ガールとお友達になっているようで嬉しいです。
来春を楽しみにしています。

 
11月9日(土曜日)、
朝来市東河地区が募金を募り巣塔を2基建てられました。
一台分の巣台を『あおいほけん』さんからの寄付金で
寄贈させていただきました。



到着したとき。東河地区協議会が制作した『あおいほけん』さんの看板を
取り付けてくださっていました。



式典では、事務局の方が豊岡市作成の『コウノトリのあしあと』と
当会作成の資料を配布してくださっていました。



市長さんも参加され「地域の方が力を合わせて地域を守っておられる」と話され、地域の皆さんも3世代揃って参加されていて幸せに暮らせる地域だと思いました。



東河地区協議会の会長さんが挨拶のなかで
「東河地区の自然や風景を守っていくためのシンボルとしてコウノトリを迎えたい。そのために人工巣塔を建てました。大がかりなことは行政にお願いすることもあるけれど、自分たちの地域は自分たちで守りたい」と話されました。



この式典も、地域の方が手作りで風船(土に戻る風船)に想いや願いを書かれ



副会長さんは鍬を持ってきて、巣塔の下を均しておられました。
事務局の方も、いろいろと気配りされていていました。
朝来市も土地を提供され、農林水産課の皆さんも
農業に真剣に取り組んでおられ、若い世代の就農も増えているそうです。



除幕式が始まり、コウノトリのコウちゃんも来てくれました。



子供たちの手から、風船が放たれ青空へと飛び立ちました。



青空の彼方へ風船が飛ぶのをみて、願いはきっと叶うから・・・



まもなく、巣塔下の田んぼには一面に水が張られます。



午後には、弥生が丘の周辺で、もう一基人工巣塔を建てられます。

朝来市の放鳥拠点から巣立ったコウノトリは
鳴門市、越前市で繁殖個体となりコウノトリ野生復帰に貢献しています。

秋晴れの青空に、白い風船が舞い心あたたまる記念日となりました。

豊かな時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。