営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ブログ - oshimaさんのエントリ



 4月20日、案ガールズによる、湿地保全作業が行われました。

 案ガールズとは、田結湿地に来られた方々にたいし、湿地の生物や、営みなどについて、案内する、女性だけのボランティアガイドグループです。

​ 彼女たちは、案内のみならず、資質向上のため定期的会議をしたり、年に数回は湿地ほ保全作業や外来生物の駆除作業を行っています。

 まずは、湿地全体を見て回り、本日の作業テーマの検討。



​ 点検の結果、テーマは「モリアオガエルの産卵場所の整備」と「水道(みずみち)の変更による湿地の拡大」と決まりました。


 
 この場所は、毎年、うえの桑の木にモリアオガエルが沢山産卵しますが、深い水道ができ、池が消失しています。
​ とりあえず、水道を塞ぎ、桑の木の下に池を造成します。



 一つ目のテーマは完了しました。6月頃には、うえの桑の木に沢山のモリアオガエルの卵塊がぶら下がるでしょう。

​  
  二つ目のテーマ、湿地の拡大ですが、写真はイノシシの「ヌタバ」ですが、水道を塞いだ結果下のようになりました。



  ヌタバ全体に水が行き渡り、新たな池ができました。ある意味では「イノシシとの共働作業」です。

  案ガールズの皆さん大変ご苦労様でした。

 
 4月18日、田結地区の恒例行事となった「田結わかめ祭」の実行委員会が開催されました。

​ 「田結わかめ祭」は、田結漁港に平成11年に、県下でも稀な「わかめの天日干し設備」が完成し、これを記念し翌12年から、毎年区民総出で行う、手作りの祭りで今年で18回となります。
 
​ 毎年、大変人気があり、2500名から3000名(警察発表)の方が来場されています。

​ 実行委員会には、実行委員長(副区長)以下、水産会・高年クラブ・女性係・公民館・消防団など、各種団体の三役が集まり、イベント内容・タイムスケジュールなどを協議しました。

​ これは、今年のチラシです。是非多くの方々のご来場をお待ちしております。






 

 4月16日、待ちに待った29年の田結特産「神水わかめ」の漁がスタートしました。「わかめ漁」は、例年4月1日の解禁となりますが、天気や海の状態と、わかめの育成状況で、実際の初漁は少し遅れ気味となっていますが、今年は、育成状況が悪く、大幅に遅れ、4月16日は、初漁となりました。

​ この日だけは、漁場での操業開始が7時となっているため、それぞれ7時前に出港し、漁場に向かい出発しました。
  

漁場に向かう、丸子(磯漁専用の船)目指す漁場は、それぞれが目星を付けた所。

​ 
漁場で、わかめを採取している所。

​ 
 水揚げされた「わかめ」は、家族総出で素干し作業。この風景は、5月末日頃まで、天気がよければ、田結わかめ干し場(「わかめ祭会場」)で見ることができます。


​ 
 こちらは、少し高級品となる「板布」の作業。水揚げした「わかめ」を水洗いし、塩分を取り除いてから、板状にし乾燥します。


 「板布」の乾燥風景。

​ これらを商品化したものは、5月21日(日)に行われる、田結地区恒例の「わかめ祭」で販売されます。是非ご来場いただき、沢山お買い上げいただきますようお願いいたします。

​ 次の表は、「神水わかめ」と他産地のわかめの成分(特にアミノ酸含有量)を比較したものです。特にうまみ成分のグルタミンと甘みを感じるアラニンの含有量が、他産地のものに比べ群を抜いていることがわかります。





 

 3月21日、石川県珠洲市より、行政・地区・NPOの皆さん11名が田結湿地に視察にこられました。

 この方たちは、2013年の朱鷺(トキ)の飛来を機に2015年より、餌場としての環境整備や環境配意型農業の推進など、持続可能な自然保全活動をされている方たちです。

 今回、豊岡市が取り組んできた「コウノトリ野生復帰事業」から、生物多様性と経済活動を両立する方策を学ぶための視察を計画されたそうです。 

 この日は、前日と打って変わり、「ウラニシ」とは行かないまでも、冷たい雨が降る中、集会所入口の「ラムサール看板」で、一通り説明したあと、湿地入口まで歩き、案ガールズより湿地ができた経緯や、取り組みの説明をし、その後、集会所でパソコン画面で、湿地の全体図や、日役等を説明しました。

​ 
 集会所入り口の「ラムサールサイト看板」で希少動植物や、湿地の状況の説明を聞く珠洲市の皆さん。

    
  
 湿地入り口で、湿地ができた経緯などを説明。

​ 
 集会所で、湿地全景や、日役などの取り組みのスライドを見た後、意見交換をする、案ガールズと珠洲市の皆さん。
​ 湿地の地権問題や、行政からの支援などについてお話ししました。
​ 少し時間がオーバーしましたが、これから出石そばノ昼食に行かれるそうです。「皆さんがご覧になった、コウノトリと牛とおばあちゃんの写真がとられた場所が出石の途中にあります。是非関心を持って見てください。」

​ 
​ 最後に記念写真を撮らせていただきました。かけ声はやはり「コウノトリー」でした。
 
 最初に来た朱鷺は姿を見せないようですが、皆さんの努力が実り、多くの朱鷺が来てくれることをお祈りします。


 


 3月12日、田結湿地で恒例となったカエルの卵塊調査(産卵数の確認)が行われました。毎年、案ガールズが主体となって行っている活動ですが、今年は、コウノトリキッズクラブのメンバーも手伝ってくれました。

 しかし、今年のキッズクラブは5名しかいないそうです。その上1名欠で4名のキッズと、案ガールズで行いました。

 

 色んなボランティアの皆さんが造成した水たまりに産み付けられた、ヤマアカガエルの卵塊


 水たまりを、回りながら産み付けられた卵塊を数える、キッズのメンバー

​ 
湿地の中は、増水のため普通の長靴では無理、ウェルダーに着替え再出発。今まで数えた数を案ガールズに報告。


 カヤノ(奥部湿地)の池で見つかった、ヒキガエルの卵塊。産みたてで、形もしっかりしていました。
​ 隣の池では、アカガエルはすでにオタマジャクシになっていました。

​ 
 先ほどの、ヒキガエルの卵塊の横にいたヒキガエルのメス、たぶんこの個体から生まれたものでしょう。おなかの皮はしわだらけとなっていました。


 帰りは、ウェルダーの洗濯も兼ね田結川を下りました。
見つけた卵塊から多くのカエルが生育することを祈っています。

​ 今年確認された卵塊の数は 前部湿地で268で例年より大変すくなかったで、
​ 奥部湿地では777でこれも少なく、原因を探らなければなりません。