営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ブログ - iVUSA 湿地造成と保全 IN田結

iVUSA 湿地造成と保全 IN田結

 9月21日、iVUSA(国際ボタンティア学生協会)の皆さん42名が、田結湿地での「湿地造成・保全作業」に来てくれました。
 
 iVUSAとは、元々、ある大学の活動が口コミで広がり、今では90大学・3400名の学生たちが、「国際協力」「環境保全」「地域活性化」「災害援助」「子どもの教育支援」の5分野での活動をされている団体です。

​ 前日伊府湿地での除草作業を終え、今日は力仕事の「湿地の造成と保全作業」に来てくれました。

​ 朝9時に田結集会所へ到着、作業前のミーティングは集会所前の「ラムサール看板」の前で地区の役員さんから作業内容・規模などについて説明。

 
​ 到着したばっかりの学生たち、この後、この場でミーティング



​ 湿地造成をする場所です。iVUSAにちなんで「イグサ」が茂っている乾燥地の改善をお願いしました。(望遠で撮ったため前後の距離感に差があります。)



​ 7つのグループに分かれ、それぞれ自由な形の池作り。



 他のチームに比べ比較的形が具象的だったチームの「星形池」



​ この場所は、今後も「iVUSA」が面倒を見てください。看板を立てるのはその決意の表れ。



 最後はみんな揃って「コウノトリー」地区の役員も入っています。

​ 皆さんが帰られた後、造成池に行ってみました。すでに満水となっていました。当初の予測では、余り深くは掘れないだろう。また、誘水する水路も大したものは出来ないだろうを思い、「満水は1週間後」と言いましたが、前言取り消し。脱帽。

​ 最初皆さんに説明したように
「乾燥地」 水気の全くない所
「湿地」  池ほどではないが、地面がよく湿っている所
「止水域」 水に流れのない池状態の所
「流水域」 池状態だが水の入れ替えが行われている所
​「水路」  水を供給するためにできた川状態の所
​ これらがうまく混在している所には、色々な生物が棲みます。この所も、理想的な形となっています。



​ 何時か、次のような光景を見ることも可能でしょう。



 そのためには、是非来年も着て新たな造成と保全をお願いします。




 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧