営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ブログ - 奈良学園高等部 SSHカリキュラム IN 田結  Vol 5

奈良学園高等部 SSHカリキュラム IN 田結  Vol 5

 7月3日、奈良学園高等部のSSHカリキュラムが田結湿地で行われました。この取り組みは、2013年から毎年行われており、本年で5年5回目となります。
​ 本年は、7月1日夕刻に田結入りし、2日は、戸島湿地や関係各所を訪問見学し、田結湿地での取り組みは3日の朝から行われました。



 朝9時に、民宿前で本日の講師役のコウノトリ湿地ネットの佐竹代表の挨拶。
午前中は湿地のエクスカーション、自然再生作業は午後から行います。

カヤノ地区で柿の木が異常な形で折られています。これは何でしょう。

 
 写真上部で少し葉っぱが枯れたのが確認できます。まだ柿の実は小さく青いのに既に「熊棚」が出来ていました。幹には新しい爪痕がしっかり残っていました。



 ここは湿地の機能の中でも貯水機能を持たせた場所ですが、漏水のため困っています。午後の作業はここの修理からお願いします。


 
 と言うことで、畦板、木杭、土嚢等でしっかり修理。果たしてその成果は。


 
 これは4日に確認した写真です。 しっかり漏水も止まっていました。十分貯水できるでしょう。

  

 つぎは、過去に先輩達がメダカの救出と言うことで作った水路の補修と掃除。コナギが密生し流れが悪くなっていました。


 
 綺麗になったところで、記念撮影。みんなでピース。



 夜は、地区の区長・副区長さんと意見交換。
「今日の作業は楽しかったですか。」
​「海はどうでしたか。」などなど。疲れたので早めに終了。

 また是非来年も来てください。










 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧