営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ブログ - 第18回田結わかめ祭盛大に開催。

第18回田結わかめ祭盛大に開催。

 5月21日、本年で18回を数える「田結わかめ祭」が、盛大に開催されました。この「わかめ祭」は、平成10年に、県下でも稀な施設「わかめの天日干し」施設が、漁港に設置されたことを記念するとともに、田結特産の「神水(かんずい)わかめ」をアピールするため、区民総掛かりで行う手作りのイベントです。

​ 祭りのメインは何といっても「わかめ」前日および当日水産会のメンバーが採取してきた、約1トンに及ぶわかめを、区民総出で、「しゃぶしゃぶ用」・「販売用」・「無料進呈用」などに区分け加工し、開会を迎えました。

 

 開会宣言前に、生わかめ販売コーナー・乾燥わかめ販売コーナーに並ぶお客さんの列。「開始は9時30分ですのでしばらくお待ちください。」

 実行委員会が、チラシや、当ブロク等で提供をお願いしている不要になった「鯉幟」を携え、有馬から来られたお客さん曰く「数年前から毎年来させていただいております。以前は瀬戸内海のわかめを食べていたのですが、ここのわかめを食べてから、やみつきになり、毎年来させていただいています。」15袋とお礼の2袋あわせ17袋と生わかめ1袋をお持ち帰りになられました。



 いよいよ開会、同時に「しゃぶしゃぶコーナー」はてんてこ舞い。
​お湯で、わかめが茶色からグリーンに変わるのが感動的です。



​ わかめおにぎり・わかめうどんのコーナーです。お椀に切ったわかめを入れるだけの「わかめうどん」ではありません。うどんにわかめを練り込んだものが、一杯のお椀に2本ほど入っています。



 本年、十数年ぶりに復活した「サザエの壺焼き」コーナー、本年諸般の事情で「体験航海」をやめました。船長さんは、このコーナーの責任者。
 早々に売り切れました。ありがとうございました。


 
​ 手前は豊岡市コウノトリ共生課が出店した「ラムサール」コーナー、おどけている男性は、地域おこし協力隊の永瀬君、普段は「ハチゴローの戸島湿地」を中心に頑張っておられます。
 奥は、JAの野菜直販コーナー地元でとれた新鮮な野菜をお売りいたしました。



 毎回大好評の「わかめ餅」コーナー、担当は「田結高年クラブ」ただしつきては、来賓や、地区の若手を抜擢します。



 JF鮮魚コーナー、レンコダイ・ヤマガレイ・コムギ等の鮮魚に加え、グベ・ヤマガレイ・ハタハタ等の一夜干し、今晩のおかずにどうぞ。
 ピンクのジャンパーの女性は、今年初めて参加いただいた​兵庫県水産技術センターの研究員の魚住さん。後ろの同ジャンパーの男性は、数年前から祭り準備も含めお手伝いいただいている兵庫県香住水産事務所の長島所長と、兵庫県水産技術センターの堀所長さん。いつもいつもお手伝いありがとうございます。

 本年も大盛会、用意した商品は12時までにはほぼ完売しました。遅く来られた皆さんにはお詫び申し上げます。
 14時に終了し、警備に来られた駐在さんに確認したところ、本年の来客数はおおむね3000人ということでした。





 

 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧