営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 田結地区より の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 案ガールズによる「湿地保全作業」

案ガールズによる「湿地保全作業」



 4月20日、案ガールズによる、湿地保全作業が行われました。

 案ガールズとは、田結湿地に来られた方々にたいし、湿地の生物や、営みなどについて、案内する、女性だけのボランティアガイドグループです。

​ 彼女たちは、案内のみならず、資質向上のため定期的会議をしたり、年に数回は湿地ほ保全作業や外来生物の駆除作業を行っています。

 まずは、湿地全体を見て回り、本日の作業テーマの検討。



​ 点検の結果、テーマは「モリアオガエルの産卵場所の整備」と「水道(みずみち)の変更による湿地の拡大」と決まりました。


 
 この場所は、毎年、うえの桑の木にモリアオガエルが沢山産卵しますが、深い水道ができ、池が消失しています。
​ とりあえず、水道を塞ぎ、桑の木の下に池を造成します。



 一つ目のテーマは完了しました。6月頃には、うえの桑の木に沢山のモリアオガエルの卵塊がぶら下がるでしょう。

​  
  二つ目のテーマ、湿地の拡大ですが、写真はイノシシの「ヌタバ」ですが、水道を塞いだ結果下のようになりました。



  ヌタバ全体に水が行き渡り、新たな池ができました。ある意味では「イノシシとの共働作業」です。

  案ガールズの皆さん大変ご苦労様でした。

 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧