営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  • カテゴリ 田結地区より の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 田結湿地でのカエル卵塊調査byコウノトリキッズクラブ&案ガールズ

田結湿地でのカエル卵塊調査byコウノトリキッズクラブ&案ガールズ


 3月12日、田結湿地で恒例となったカエルの卵塊調査(産卵数の確認)が行われました。毎年、案ガールズが主体となって行っている活動ですが、今年は、コウノトリキッズクラブのメンバーも手伝ってくれました。

 しかし、今年のキッズクラブは5名しかいないそうです。その上1名欠で4名のキッズと、案ガールズで行いました。

 

 色んなボランティアの皆さんが造成した水たまりに産み付けられた、ヤマアカガエルの卵塊


 水たまりを、回りながら産み付けられた卵塊を数える、キッズのメンバー

​ 
湿地の中は、増水のため普通の長靴では無理、ウェルダーに着替え再出発。今まで数えた数を案ガールズに報告。


 カヤノ(奥部湿地)の池で見つかった、ヒキガエルの卵塊。産みたてで、形もしっかりしていました。
​ 隣の池では、アカガエルはすでにオタマジャクシになっていました。

​ 
 先ほどの、ヒキガエルの卵塊の横にいたヒキガエルのメス、たぶんこの個体から生まれたものでしょう。おなかの皮はしわだらけとなっていました。


 帰りは、ウェルダーの洗濯も兼ね田結川を下りました。
見つけた卵塊から多くのカエルが生育することを祈っています。

​ 今年確認された卵塊の数は 前部湿地で268で例年より大変すくなかったで、
​ 奥部湿地では777でこれも少なく、原因を探らなければなりません。



 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧