営業日カレンダー
目撃情報
スケジュール
戸島湿地便り
ククヒ湿地より
田結だより
代表のつぶやき
活動報告
広報誌パタパタ
湿地ネットの概要
リンク集
お問い合わせ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

ブログ - 島根県技術士会の皆さんが視察にこられました。

島根県技術士会の皆さんが視察にこられました。

  11月12日、島根県技術士会の生物多様性分科会より7名の皆さんが田結湿地の視察にこられました。

  島根県技術士会とは、国家試験で技術系の「士」のつく資格保有者で、様々な分野のスペシャリストの集団で、島根県内に現在もしくは過去に、在住、在職した技術士が加入し、研究や研修による技術の向上や、親睦を図っておられる団体だそうです。(島根県技術士会のHPより)

  今回は、豊岡市が行っている「コウノトリ野生復帰事業」に焦点を当て「いのち ・ころ ・生きもの ・まち を育む」をキーワドに、それらに関わっている 産学官 民の取り組みを視察・研究し島根県に対しその手法を提案するためにこられました。

  集会所前で、双方挨拶後、今回の目的をお聞きし、湿地内を歩きながら地区の色々な取り組みを説明させていただきました。
 

  湿地内の堤防でいろんな質問にお答えしました。
  「この湿地は定期的に耕耘されるのですか。?」
  「地権者との関係はどうですか。?」
  「どんな保全作業を行われていますか。?」 等等。


  帰りは、県道(犬道ではありません。)を歩きながらシカの被害を説明させていただきました。

  
  最後に、恒例の記念撮影。「コウノトリー。」
  島根県も、宍道湖というラムサールサイトを持つ地域、今回の視察が皆さんのプレゼンの一助になれば幸いです。

  皆さんは、明日八鹿の「名草神社」に参拝されるようです。(前出HPより)
 
  なぜ、名草神社なのか。ちゃんとした理由があります。知りたい方は、「妙見杉」・「三重塔」をキーワドに調べてください。(筆者より)


 

新しくコメントをつける

ニックネーム
タイトル
コメント本文
CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。



コメント一覧